ちょっと話題の記事

【速報】SaaSアプリケーションやAWSサービス間のデータ連携をコード無しで自動化出来るフルマネージドサービス「Amazon AppFlow」がリリースされました!

2020.04.23

先程(日本時間2020年04月23日 AM09:30頃)、下記のツイートを偶然目にしました。「Amazon AppFlow」というサービスがリリースされたようです!

当エントリでは、この「Amazon AppFlow」に関する現時点での状況について紹介していきたいと思います。

目次

 

Amazon AppFlowとは何か

このブログを書いている私自身も「で、AppFlowって何?」と思いながら情報を見ています。ドキュメントに関しては以下の「ユーザーガイド」が用意されているようです。

Amazon AppFlowは、Salesforce等のサービスとしてのソフトウェア(いわゆる"SaaSアプリケーション)と、Amazon S3やAmazon Redshift等のAWSサービスとの間で安全にデータ連携を行えるようになる、フルマネージドサービスです。

  • SalesforceからAmazon Redshiftへのデータ連携
  • ZendeskからAmazon S3バケットへのサポートチケットデータ連携

のようなことが実現出来ます。また、Amazon AppFlowには以下のような特徴・特色があります。

  • すぐに始めることが出来る:コードの記述無しに、僅かな時間でデータ転送のフローを作成可能。
  • データの同期を維持:SaaSアプリケーションとAWSサービス全体でのデータ同期を維持するために、オンデマンドまたはスケジューリングでのフロー実行を可能とします。
  • データを集約:複数ソースからデータを集約する機能を備えており、分析ツールのトレーニングコスト削減・節約することが出来ます。
  • データの追跡:Amazon AppFlowで提供されるフロー管理ツールを使うことで、どのデータがいつどこに移動したかを監視することが出来ます。
  • プライベートなデータ転送:Amazon PrivateLinkと連携することで、インターネット経由でのパブリックデータ転送では無く、AWSインフラ経由でのプライベートなデータ転送を行うことが出来ます。

 

早速本日から利用可能です!

このサービス、早速本日から利用可能です。サービス名検索若しくは下記のURLからアクセスすることが出来ます。

メニューについては、既に日本語対応も為されているようです。これは嬉しいですね!

サービスが利用可能なリージョンは以下の通り。ほぼほぼ使えるようですね。

 

対応しているデータ連携の「連携元」と「連携先」について

現時点で利用可能となっているデータ連携のSource(連携元)とDestination(連携先)の一覧は以下の通り。これらのデータソースについては、Amazon AppFlowを使用してフローを作成する前に、予め必要な情報を連携元、連携先に準備しておく、それらが全ての構成要件を満たしている必要があります。また、API利用における制限や条件はデータソースそれぞれに異なります。

  • Amazon S3
  • Amazon Redshift
  • Amplitude
  • Datadog
  • Dynatrace
  • Google Analytics
  • Infor Nexus
  • Marketo
  • Salesforce
  • ServiceNow
  • Singular
  • Slack
  • Snowflake
  • Trend Micro
  • Veeva
  • Zendesk

データソースについては、連携元としてどのデータソースを選択するかで、連携先として指定可能なデータソースが変わります。現時点(2020年04月23日)での対応内容は以下の通り。

連携元データソース 連携先データソース
Amazon Redshift Amazon S3 Salesforce Snowflake
Amazon S3
Amplitude
Datadog
Dynatrace
Google Analytics
Infor Nexus
Marketo
Salesforce
Singular
Slack
TrendMicro
Veeva
Zendesk

 

Quota(割り当て)について

リージョン毎における、Amazon AppFlowのQuota(割り当て)のデフォルト値は以下の通り。AWS Service Quotasで内容を確認可能です。また必要に応じて、

割り当て増加のリクエスト上限緩和申請が行えます。

フロー(Flows)

  • アカウントあたりのフロー数:1000
  • 1ヶ月あたりのフロー実行数:1000万
  • フローあたりのタスク数:10

フロー実行(Flow execution)

  • 単一のフローの一部として、最大100GBのデータを処理可能。ただし以下のデータソースを除く。
    • Amplitude: 25 MB
    • Marketo: 25 MB
    • Salesforce: 15 GB
    • ServiceNow: 100 K records

 

利用料金

利用に際しての前払い料金などは無し。実行するフローの数と処理されるデータ量に対してのみ支払う形となります。詳細については下記関連ドキュメントをご参照ください。

 

まとめ

というわけで、突如登場したデータ連携のフルマネージドサービス「Amazon Appflow」に関するざっくり概要のご紹介でした。引き続き、実際に使ってみてその感触などをお伝え出来ればと思います!