[アップデート] ゼロETL の Amazon Aurora と Amazon Redshift の統合が発表されました!(プレビュー) #reinvent

re:Invent 2022 の Keynote で Aurora と Redshift を簡単に統合できる機能が発表されました!

ウィスキー、シガー、パイプをこよなく愛する大栗です。ラスベガスで AWS re:Invent 2022 の Keynote を見ています。

Keynote で Amazon Aurora と Amazon Redshift を ETL 無しで統合できる機能が発表されたためレポートします。

AWS announces Amazon Aurora zero-ETL integration with Amazon Redshift

ゼロETL

データの分析を行うために様々なサービスを利用しています。AWS ではサービス間の統合を行い ETL を使用せずとも分析や機械学習が簡単に行えるようにしてきました。例えば Redshift と Athena の両方でフェデレートされたクエリ機能を持っています。これをよりデータを移動すること無く、様々なデータベースやデータストアなどでクエリを実行することができます。

しかし、トランザクションデータベースとデータウェアハウス間のETLパイプラインの構築と管理に時間を費やしています。そこで Aurora と Redshift の完全に管理されたゼロETL統合のプレビューが発表されました

Amazon Aurora zero-ETL integration with Amazon Redshift

トランザクションデータと分析機能が統合され、Aurora と Redshift の間でカスタマーデータパイプラインを構築、管理する作業が不要になります。シームレスに Redshift 内で利用できるようになります。複数の Aurora データベースから Redshift インスタンスにデータが複製できます。

Amazon AuroraのゼロETL統合とAmazon Redshiftの連携は米国東部 (バージニア北部) リージョンで、MySQL 8.0 互換の Amazon Aurora MySQL 3 について、限定プレビューで利用可能になりました。

プレビューを申し込む場合は以下のページよりお申し込み下さい。

Amazon Aurora zero-ETL integration with Amazon Redshift Preview

さいごに

Keynote はまだまだ続いているので、さらなるアップデートを期待しています!