Apple Watchが振動しない時の対処法

2022.01.12

Apple Watchで目覚ましをセットしているのに指定の時間になっても振動してくれない。起こしてくれなくなった。そんな困った現象が発生して対処したのでその対処法を記載しておきたいと思います。

(実はしばらくの間、自分の睡眠が深くなりすぎてApple Watchは振動してくれているのに気付けていないのだと勘違いしていました。)

環境

  • watchOS 8.3

現象

  • 目覚ましをセットして、指定の時間になったのにApple Watchが振動しない
  • タイマーで指定の時間をセットしてカウントダウン後に0になった時にApple Watchが振動しない

と、とにかく困った状態になってしまいました。

設定を確認する

設定 > サウンドと触覚 > 触覚による通知オンになっていることを確認しましょう

設定 サウンドと触覚

無意識の中でこの設定をオフにしてしまっている事も考えられるので、一応確認しておきましょう。

振動しない現象になってからこの設定を確認しましたが、オンになっており、この設定が原因ではありませんでした。

Apple Watchを再起動する

困った時の再起動です。

  1. 電源を切るには、Apple Watchのサイドボタンを長押しすると電源オフの表示が出てくるのでスライドして電源を切ります。
  2. 電源を入れるには、同じくApple Watchのサイドボタンを長押しすると電源が入ります
各ボタンの名称 電源OFF
 

再起動後に、アラームを設定してみると、無事に振動してくれました!!!万歳!!!

AppやApple Watchの振動設定は正しいのに振動してくれない時は一度再起動すると問題が解決する可能性はありそうです。

おわりに

寝るときは、子供たちが僕に寄り付いてくれないのでとても快適に寝ることができているのですが、その反面しわ寄せがやってきている人がいるのも理解しております。

大体、こんな感じになっています。

こんな状況なのに早朝に目覚ましをかけて全員を起こしてしまった日にはどんな罰が待っているか、、、

そんな時に出会ったのがApple Watchでした。Apple Watchだと周りにアラーム音で迷惑をかけることなくコッソリ自分だけ起床することができるので今では朝活には欠かせない存在になっております。

今回、振動しない問題が解決したので明日からの朝活も楽しんでいきたいと思います。

この記事が朝活したいのに急にApple Watchが起こしてくれなくなったという方の救いになればと思っております。

参考