[Auth0] テナントのランタイム設定がNode.js 8だったので、Node.js 12にした(2022年2月25日でNode.js 8が使えなくなる)

Auth0のテナント設定がNode.js 8になっていました。2022年2月25日で使えなくなるので、早めに移行しましょう。
2022.02.01

数年前に検証用で作って使い続けているAuth0テナントがあります。 先日、そのテナントについてメールが来ました。要約すると下記でした。

  • Auth0テナントでNode.js 8を使ってるよ
  • 2022年2月25日にNode.js 8が使えなくなるよ(ランタイム削除するよ)

というわけで、現状確認とNode.js 12への変更をやってみました。

影響を受ける機能

公式ドキュメントによると、下記が影響を受けます。

  • ルール
  • フック
  • カスタムデータベース接続
  • カスタムソーシャルコネクション
  • 拡張機能

上記を利用している場合は、開発環境などでNode.jsを8から12に変更して動作確認したあと、本番環境をNode.jsを8から12に変更すると良いですね。

Auth0テナントの設定確認

左のメニューにある「Settings」を選択し、「Advanced」タブを選択します。

Auth0のテナント設定

スクロールすると「Extensibility」があり、「Node.js 8」になっていました。

Auth0のランタイム設定(Node.js 8)

設定をNode.js8からNodejs 12に変更する

Node.js 12にして保存します。

Auth0のランタイム設定(Node.js 12にしたい)

最終確認されるので、そのまま続けます。

Auth0のランタイム変更確認

完了しました。

Auth0のランタイム設定(Node.js 12になった)

要注意ポイントや要対応ポイント

公式ドキュメントに記載がある通り、いくつかの注意点や要対応ポイントがあります。具体的には、下記をご覧ください。

さいごに

2022年2月25日まで、あと1ヶ月もありません。まだNode.js 8を使っている場合は、早めに移行しましょう。

参考