AWS CodeWhisperer : GithubのコパイロットのようなAIペアプログラマー

2022.07.31

AWSは最近、GitHub CoPilotと直接競合するような、機械学習を利用したコーディングコンパニオンを発表しました。

CodeWhispererは、AWSが提供する開発者のエクスペリエンスを向上させるための最新機能です。

Github CoPilotのように、AWS CodeWhispererは何十億行ものコードに学習させた機械学習を使用して、IDEに入力する際にコードの提案とコードの生成を行います。CodeWhispererは、Amazon内部のコードベース、オープンソースプロジェクト、ドキュメント、およびフォーラムからコードを抽出します。

オートコンプリートのサポートは、入力中のコードだけにとどまりません。AWSによると、「CodeWhispererは、あなたのコードとコメントを継続的に調査し、構文的に正しい推奨事項を提示します。勧告は、あなたのコーディングスタイルと変数名に基づいて合成され、単なるスニペットではありません。」 AWSのドキュメントに掲載されているスクリーンショットです。

IDEは現在、IntelliJ IDEA、Pycharm、Webstorm、VSCode、AWS Cloud9に限定してサポートされています。プレビューでは、現在、Java、Python、Javascriptのプログラミング言語をサポートしています。

どのように機能するのですか?

現時点ではそれほど詳細な情報はありませんが、CodeWhispererのAWSドキュメントページにはいくつかの詳細が記載されています。

コスト

CodeWhispererの価格は、現時点では不明です。しかし、Github CoPilotは現在、開発者一人あたり月額10ドル、年間100ドルの課金をしています。CodeWhispererが広く利用されるようになれば、より多くの情報が公開されるはずです。

Github CoPilot vs AWS CodeWhisperer

現在得られているわずかな情報を考慮すると、CodeWhispererはGithub Copilotの主なライバルであるように見えます。Amazonの内部ソースからのコードを使用することで、CodeWhispererはより魅力的なものになる可能性があります。おそらくアクセス可能な最も優れたコードベースをいくつか持っているので、自動レコメンデーションの質は良いだろう。

CodeWhispererは開発者に取って代わるか?

一言で言えば、すぐには無理。コーディングの仲間は、あくまで仲間です。この種のツールが、意味のある意味で開発者に取って代わることができるとは思えません。しかし、この種のツールには、APIと対話し、共通のプログラミング・パターンを再利用するための高速な方法を提供するという目的があると思うのです。例えば、boto3のようなライブラリを使ってDynamoDBのテーブルに問い合わせるには、ドキュメントを検索し、各設定を理解するためにページをめくる必要がある。このような問題は、CodeWhispererやCopilotを使えば、はるかに少なくなるはずです。

AWS CodeWhispererの試用方法

CodeWhispererは、一般消費者向けには提供されていません。プレビューを開始するには、プレビュー待ちリストへの登録が必要です。このリンクから名前と連絡先を送信してください。プレビューに参加できるようになるまでの期間は未定ですので、メールにご注意ください。