[アップデート] AWS Elemental MediaPackageの料金が全リージョンで値下げされました! [東京ならこれまでの半額以下に]

動画配信におけるジャストインタイムパッケージングサービスであるAWS Elemental MediaPackageで利用料金が値下げされています。東京リージョンではLive Ingestで50%オフ、Live Origination and Packagingで66%オフとなっています。
2019.05.30

はじめに

清水です。AWS Media Servicesの細かなアップデートを追っていくコーナーです。本エントリーでお伝えするのはこちら、動画配信におけるジャストインタイムパッケージングサービスであるAWS Elemental MediaPackageで利用料金の値下げが発表されました!例えば東京リージョンではこれまでの半額以下で利用が可能です。(2019/05/20にアップデートされた内容となります。)

値下げする時期

今回の値下げは2019年5月17日から適用されるとのことです。(ということは、すでに適用されていることになりますね!)AWSの価格設定は自動で適用されますので、既存のユーザーは特に作業の必要はなく、2019年5月17日以降は値下げ後の価格でAWS Elemental MediaPackageを利用することができます。

値下げの対象と値下げ額

AWS Elemental MediaPackageをライブ配信に利用する場合(ライブパッケージング)、ライブチャンネルへの取り込み(Live Ingest)と、ライブの配信とパッケージ化(Live Origination and Packaging)で料金が発生します。 *1 今回のアップデートはこのライブパッケージングの2つの料金が対象となっています。東京リージョンの料金について値下げ前後をまとめると以下となります。なお値下げ前の価格はこれまでのAWS利用料金から抜粋しました。

東京リージョン 値下げ前の価格 値下げ後の価格 値下げ率
ライブチャンネルへの取り込み
(Live Ingest)
$ 0.088 / GB $ 0.044 / GB 50%
ライブの配信とパッケージ化
(Live Origination and Packaging)
$ 0.176 / GB $ 0.060 / GB 66%

他リージョンについてもWhat's Newページにまとめられていますが、東京リージョンは他のリージョンと比べて値下げ率が大きようです。Live ingest料金については最小39%から最大52%のなかで2番目に割引率が大きい50%、Live Origination and Packaging料金については最小40%から最大66%の中で、最大割引率の66%となっています。

まとめ

AWSを使っていて嬉しいことのひとつは、いつの間にやら値下げが実行され費用コストが下がっていることではないでしょうか。他のたくさんのAWSサービス同様、AWS Media Servicesの1つであるAWS Elemental MediaPackageでも値下げが発表されました!他の各AWS Media Servicesもこれに続いてくれると嬉しいですね。引き続き、AWS Elemental MediaPackageはじめとしたAWS Media Servicesのアップデート情報を追いかけていきます。

脚注

  1. なお、これまでAWS Elemental MediaPackageはライブパッケージングの用途のみでしたが、料金ページを確認するとVODパッケージング機能も追加されていますね。2019/05/17にポストされたこちらのアップデートのようです。