[新機能] リージョン・サービスを横断してリソースを検索できる AWS Resource Explorer が使えるようになっていました

各リージョンに散らばるリソースを一元で検索できるぞ!!

コンバンハ、千葉(幸)です。

何か見慣れないサービスが使えるようになっていました!!!

RE_Home___AWS_Resource_Explorer

ちなみにドキュメントはこちら。

2022/11/7 にドキュメントがリリースされたようで、ホヤホヤです。速報性重視で触ってみます。


2022/11/9 追記

アップデートのアナウンスが出ました。

AWS Blog にもなっていますね。


AWS Resource Explorer の有効化

冒頭の画面からオンを押下すると、セットアップの画面に移ります。

高速セットアップか高度なセットアップが選択できますが、今回は高速セットアップを選択します。

「アグリゲータインデックス」をどのリージョンに作成するかを選択します。「アグリゲータインデックス」って何、というのはこのあと出てきます。

RE_exploere_on

AWS Resource Explorer は、追加料金なしで提供されます。

コストは無料なんですね!

オンにすると、各リージョンにインデックスが作成されます。

RE_explore_on

このインデックスというのが、各種リソースの情報を集めてくれるようです。

AWS Resource Explorer でリソースの検索

おそらくメインで使うことになるであろうコンソールです。

インデックスによって収集されたリソースが表示されていきます。作成したばかりなので、表示されるリソース数はどんどん増えていきました。

RE_Resource_search___AWS_Resource_Explorer

検索する際にどのビュー(「表示」とも。後述します。)を用いるかが選択できたり、必要に応じてクエリをかけることができます。

クエリについては以下ページにまとまっています。例えばec2と入れるとリソースタイプがec2から始まるものだけに絞り込めたりします。タグやリージョンなんかでも絞り込めます。

また、歯車マークから表示する列の項目をコントロールできます。タグはデフォルトでは列に含まれていないので、表示してあげると捗りそうです。

RE_Resource_search___AWS_Resource_Explorer-7900059

ここで表示されているリソースのリンクを押下すると、そのリソースの詳細画面に遷移します。ここでリソースを横断的に確認し詳細はそのリソース画面に遷移して確認する、というのが AWS Resource Explorer の使い方になりそうです。

すべてのリソースタイプをサポートしている?

この画面ですべてのリソースを検索できるのか?が気になるところです。サポートされているリソースタイプは以下から確認できます。

.oO(まだ「何でも検索できる」と言えるほど潤沢ではないですね。)

AWS Resource Explorer ビュー

ビューを覗いてみます。高速セットアップによりデフォルトのビューが出来上がっています。

RE_Views___AWS_Resource_Explorer

詳細を見るとこんな感じ。リージョンごとにデフォルトとなるビューを作成できるようです。

RE_View_Detail___AWS_Resource_Explorer

新規にビューを作成する場合は以下のような項目が選択できそうです。

  • ビュー名
  • リージョン
  • リソースフィルタ
    • フィルタークエリ
  • 追加のリソース属性(現時点では「タグ」のみ)

RE_Create_View___AWS_Resource_Explorer

あらかじめ条件を絞り込んだビューを作成しておき、「リソースの検索」でそのビューを選択してあげることで効率的にリソースを表示、ということができそうです。

ビューの詳細については以下をご参照ください。

AWS Resource Explorer 設定

「設定」を覗いてみると、インデックスの一覧が表示されました。セットアップ時に選択した通りバージニア北部だけが「アグリゲータ」になっています。

インデックスの詳細はこんな感じ。シンプルですね。

RE_Index_Detail___AWS_Resource_Explorer

インデックスタイプは「ローカル」か「アグリゲータ」の2種類があります。「アグリゲータ」はアカウントで一つのみ存在できます。

ローカルインデックスは自身のリージョンのリソースの情報を収集し、その内容をアグリゲータインデックスにレプリケートする挙動になっています。

RE_Terms_and_concepts_for_Resource_Explorer_-_AWS_Resource_Explorer

インデックスが作成されているすべてのリージョンのリソースを横断的に検索したい場合は、「ビュー」でアグリゲータが存在するリージョンを選択してあげる必要がある、ということですね。

画面上部の検索バーからの統合検索

こちらがまだわたしの環境では再現できていないのですが、統合検索という機能があるようです。

画面上部の検索バーに/resoucesと入力したのちリソース名をつづけると、前方一致でリソースを検索して表示してくれる機能とのこと。「設定」画面でオンとなっていれば使えるとのことでしたが、わたしはまだ使用できませんでした。

検索バーはどのサービスのコンソールからでも使えますので、AWS Resource Explorer のコンソールからでなくともリソース名で検索して飛べるのは嬉しいですね。

統合検索が有効となる条件など、詳細は以下をご参照ください。


追記:ちなみに統合検索はこんな使い心地のようでした。


リソースの検索が楽々だ!!

いつの間にか増えていた新機能 AWS Resource Explorer を確認してみました。無料で使えるということなので、これは有効化しない手はないですね。

マネジメントコンソールだけでなく AWS CLI などでのプログラムアクセスにも対応しているようなので、リソースの棚卸が捗るんじゃないかという期待も膨らみます。

また改めてドキュメントをじっくり読んでみたいと思います。

以上、 チバユキ (@batchicchi) がお送りしました。