【レポート】SAP Intelligent Enterpriseを実現するためのAWSサービス活用 #AWSSummit

AWS Summit Osaka 2019 のセッション「SAP Intelligent Enterpriseを実現するためのAWSサービス活用」のレポートです。
2019.06.27

当エントリでは、2019 年 6 月 27 日に行われた「SAP Intelligent Enterpriseを実現するためのAWSサービス活用」に関する内容をレポートしたいと思います。

セッション概要

当セッションの登壇者及び概要は以下の通りです。

スピーカー:
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
技術統括本部
ソリューションアーキテクト
河原 哲也

セッション概要:
基幹系アプリケーションSAP S/4HANAを支えるSAP本稼働認定Amazon EC2インスタンスの最新情報、またSAP社が掲げるインテリジェントエンタープライズの実現に向けたSAPシステムと各種AWSサービスの組み合わせによるデジタルトランスフォーメーションの実装例を説明します。

セッションレポート

SAPのイメージ

  • ERPベンダのイメージ
  • 現在は、ERPにAI、ML、IOTを加え、よりデジタルにシフトしている

AWSとSAPの関係

  • AWSのサービス開始は2006年、SAPとは2008年から取引を開始
    • きっかけはSAPの社内課題を解決するため
  • 2011年にERPを始めとしたSAPをお使いのお客様にクラウドのテクノロジーを提供開始
    • SAPパートナーシップ
      • AWSが世界初のSAP認定クラウド
    • SAP HANA認定(2012年)
      • AWSが世界初
    • SAP S/4HANA認定(2015年)
      • S/4HANAリリースと同時に認定
  • AWS上でSAPの様々なサービスが稼働している
  • 古くから最先端の領域でやってきた

AWSの認定

  • EC2で取得
    • SAP S/4HANAを支える基盤として重要
    • 2018年秋 EC2 High Memory インスタンスが登場
      • 6TB、9TB、12TBのメモリを提供
      • 既にこの規模で利用しているお客様がいる
    • 2019年秋に18TBと24TBを提供予定
  • SAP本稼働認定 Amazon EC2インスタンス
    • 汎用
    • メモリ最適化
    • コンピューティング最適化
    • High Memory
    • S/4HANAのアプリケーションサーバとしても利用できる
    • お客様のワークロードに合わせてインスタンスタイプを柔軟に変えることができる
  • SAP HANA本番稼働認定 EC2インスタンス(OLTP)
    • 244GiB~12TBメモリの範囲をサーバ一台でスケールアップできる
    • 今日時点で12TB以上が欲しい場合はスケールアウト構成する
    • スケールアウト構成の認定はAWSが世界初かつ現在世界唯一
    • これまでは5年間使い切りで買わなくてはいけない、データが増えたらその分買わなくてはならなかったが、EC2で柔軟に対応することができる
    • BW/4HANAといった分析基盤で利用可能。4TBのインスタンスを25台、最大100TBのスケールアウト構成を採用可能
  • SAP HANA Servicesにおけるリーダー評価
    • ISGのリサーチ会社プロバイダーレンズの比較表、AWSはIBM、MSに勝るグローバルリーダーの評価を得ている

SAPビジョン:Intelligent Enterpriseの実現

  • インテリジェントスイート
    • 部分で最適なものをつなぎ合わせて使う
  • インテリジェントテクノロジー
    • ML、AI、アナリティクス、IOT
  • デジタルプラットフォーム
    • クラウド・プラットフォーム
    • データ管理
  • SAP Intteligent Enterpriseの実現に向けて
    • 現行のSAP S/4HANAをクラウドにリフトする
    • AWSクイックスタート
      • S/4HANAをインストールする時、オンプレ時代は数週間〜数ヶ月掛かっていた
      • リファレンスアーキテクチャとデプロイメントガイド、AWS CFnテンプレートをセットで提供
      • ボタン一つで自動展開
      • 数週間ではなく分単位での実行
      • 一度の構築、一貫した展開
      • 本番稼働環境に向けた設計
      • カスタマイズが可能
      • 幅広いお客様用途に対応
    • SAP on AWSクイックスタート
      • 現在4つある
        • SAP S/4HANA
        • SAP HANA
        • SAP NetWeaver
        • SAP Business One, version for SAP HANA
      • SAP Data Hub
        • サイレントリリース
        • GitHubにテンプレートがある

デモ:SAP S/4HANA環境の自動構築

  • デプロイメントガイド
  • CFnリージョン指定
  • CFnパラメータを入力
    • VPC
    • データベースサーバに対する情報
    • SAP ABAPの設定
    • オプションで追加のアプリサーバもデプロイ可
    • 管理サーバにアクセスするための踏み台サーバの展開
  • 1時間半〜2時間半くらいで自動構築される
  • オンプレミスだったらベーシスエンジニアをアサインしたり、数週間〜数ヶ月掛かったものが数時間で作成できる
  • 必要な時に必要な環境をすぐに用意できる

SAP 4HANAを拡張する

  • 7リージョン対応のSAP Cloud Platform on AWS
    • 日本(東京)
    • オーストラリア(シドニー)
    • ブラジル(サンパウロ)
    • カナダ(モントリオール)
    • ヨーロッパ(フランクフルト)
    • ヨーロッパ(オランダ)
    • シンガポール
    • アメリカ中央
    • アメリカ東海岸
  • AWS Service Brokerの統合
    • SAP Cloud Platform上のService Brokerを通じてAWS上でサービスが構成され、SAP Cloud PlatformからAWSサービスを利用できる
  • AWSサービスの展開と管理を一元化
    • 現在18のAWSサービスをSAP Cloud Platformから利用可能
      • Amazon Simple Queue Service
      • Amazon Simple Notification Service
      • Amazon Route 53
      • AWS Key Management Service
      • Amazon Simple Storage Service
      • Amazon RDS(MySQL,PostgreSQL,MariaDB)
      • Amazon DynamoDB
      • Amazon ElastiCache
      • Amazon EMR
      • Amazon RedShift
      • Amazon Athena
      • Amazon Kinesis
      • Amazon Lex
      • Amazon Polly
      • Amazon Rekognition
      • Amazon Translate

デモ:Amazon S3の展開

  • サービスマーケットプレイス
  • S3の展開
    • S3の概要
    • インスタンス
    • 新規インスタンス作成
  • SAP Cloud PlatformからAWS上にサービスが作成・展開される
  • データを格納するバケットとログを格納するバケットの2つが作成される
  • SAPのアプリエンジニアがAWSのことをよく分からなくても、AWSサービスを組み込んで用意にアプリケーションを開発できる

Amazon S3を中心としたデータレイク

  • リレーショナルと非リレーショナルデータ
  • エクサバイト規模
  • さまざまな分析ツールからアクセス
  • 高い費用対応効果
    • Amazon S3:1GB/月あたり2.3セントでデータを格納
    • Amazon Athena:1GBクエリースキャンあたり0.5セント
    • Amazon RedShift:1TB/年あたり1,000ドルから
  • 誰でもアクセス可能
    • Amazon QuickSight:30分の使用で0.3ドル
  • S3にあるデータに対してHANAからクエリを投げられる、RedShiftとの連携も可能

S3を含む18サービスを利用可能

  • SQS
    • アプリケーションの疎結合化、スケーリングを容易にするために利用
  • SNS
    • Pub/Subメッセージングおよびプッシュ通知サービス
    • SQSと連携しアプリケーション間を疎結合化
  • データベースサービス
    • データストアの特性に応じて使い分け
      • NoSQL
        • Amazon ElastiCache
          • 低レイテインシー
          • インメモリ
        • Amazon DynamoDB
          • 3拠点間でのレプリケーション
          • SSDに永続化
      • SQL
        • Amazon RDS
          • トランザクション処理
          • 汎用用途
        • Amazon Redshift
          • 集計/分析処理
          • 大容量データ
          • DWH
  • 機械学習サービススタック
    • AIサービス
      • Amazon Lex
      • Amazon Polly
      • Amazon Rekognition
      • Amazon Translate
      • SAP Cloud Platformからapiを呼び出すだけで機械学習のサービスを利用可能
    • MLサービス
    • MLフレームワーク&インフラストラクチャ
  • SAP S/4HANAとAWSサービスの直接接続
    • SAP OGatewayをAPI Gatewayでwrapすることで18のAWSサービスだけではなく、165ものAWSサービスと連携可能

お客様独自の機械学習モデルを活用した例

  • 学習データをS3バケットから取得
  • SageMakerを用いて学習モデルを生成
  • 学習モデルのエンドポイントを作成
  • 商品画像を投稿するとオブジェクトを認識しSAPから製品情報を取得
  • WEBアプリケーションから学習モデルのエンドポイントに投げて推論
  • API Gatewayを通じてSAP Cloud Platformと連携

デモ

  • 物の写真を取る
  • 推論のエンドポイントに投げて解析
  • ハンマーを認識し、SAPのデータマスターから自動的に製品情報を引き当てる
  • いちいちトランザクションしなくて良い

まとめ

  • SAP Cloud Platform on AWSを利用することで簡単かつ短期間で強固なプラットフォームに
  • SAP Cloud PlatformのService Brokerを使ってAWSとシームレスに統合可能
  • Service Brokerで対応できなくともAPI Gatewayを利用して様々なAWSサービスをインテグレーションして利用可能
  • ERP+最先端のテクノロジによりSAP Intelligent Enterpriseを実現
  • AWSは基盤とイノベーションの両方の面で利用可能