[AWSトレーニング]参加準備方法(受講者向け)2022版

AWSトレーニング受講者を対象に、各オンラインツールの説明をまとめています。
2022.08.25

HIRANO@おんせん県おおいたです。

2022.9.13開催分より、トレーニング環境がアップデートします。それに合わせてこちらのブログもリニューアルしました。

トレーニング受講者の皆様は、お早めにご準備ください。

オンラインツール一覧

まずは、利用するツールの一覧です。

ツール 利用目的 CPE TESS  SESS ARC DEV SENG 事前
登録
zoom オンライン講義
Slack 質疑応答,各種説明,
補足資料共有,他
必要
amazon.co.jp AWS Labs ログイン用 - 必要
AWS Labs ハンズオンラボ -
eVantage オンラインテキスト
miro グループディスカッション - - - - -
  • CPE -> AWS Cloud Practitioner Essentials
  • TESS -> AWS Technical Essentials
  • SESS -> AWS Security Essentials
  • ARC -> Architecting on AWS
  • DEV -> Developing on AWS
  • SENG -> Security Engineering on AWS

各ツールの事前登録については、このあと詳しく説明します。

zoom

はじめ方

  1. 案内メールに記載のzoom URLを開いてください。
  2. 起動後に「ミーティングのホストは間もなくミーティングへの参加を許可します」と表示されますので、しばらくお待ちください。

zoomの操作につきましては、WindowsとMacのZoom基本操作ガイド(zoom公式)を参考にしてください。

また、テストミーティングに参加するには(zoom公式)にてzoomをお試しで利用できます。使い方や環境のチェックができますので、はじめての方は事前にご確認の上ご参加ください。

使い方

基本は接続いただくだけでご利用いただけます。 マイクは通常OFF、発言される際にON、でお願いいたします。 ビデオのON/OFFはお好みでお願いいたします。(ビデオをONいただくと、講師が喜びます)

補足

  • 2日以上のコースでは、毎日同じzoom URLを利用します。
  • トレーニングでは「挙手」機能を利用いたします。古いzoomアプリでは対応していませんので、その際は事前にアップデートをお願いいたします。

Slack

事前登録

  1. 最初のご案内メールの前後で、「XXXから、Slackでやり取りするために招待されました」というタイトルのSlack招待メールが届きます。
  2. メール本文の「今すぐ参加」をクリックいただき、ご登録ください。

登録方法につきましてはSlack ワークスペースに参加する(Slack公式)の「招待を承諾する」をご参考にしてください。

また、2要素認証の設定が必須となっておりますので、2要素認証を設定する(Slack公式)を参考に設定をお願いいたします。

使い方

  1. トレーニング当日、開始までにログインしてください
  2. 開始後に簡単なご説明をいたします

Slackの操作方法につきましてはSlackの使い方(Slack公式)をご参考にしてください。

なお、トレーニングでは#generalチャンネルを主に利用いたします。

補足

  • トレーニングの日程毎に、専用のSlackワークスペースを準備します
  • トレーニング実施後1〜2週でワークスペースを削除します

amazon.co.jp (AWS Labs ログイン用)

説明

AWS Labs 環境へのログイン認証は、amazon認証を利用します。

また、認証で利用したメールアドレスで、ラボのライセンス管理、eVantageのライセンス管理が紐付きます。 そのため、amazon認証の際のメールアドレスは、トレーニングにお申し込みいただいたアドレス(会社アドレス)である必要があります。

多くの方はamazonには個人アドレスをご利用で、会社アドレスではご登録されていないと思います。

大変お手数ですが、あらかじめこちらより会社アドレスにてアカウントを作成してください。尚、ログインのみに利用しますので、クレジットカード、電話番号の登録は不要です。

AWS Labs

事前登録

事前登録は不要です。トレーナーがamazon認証のメールアドレスにライセンスを紐付けます。

使い方

こちらのブログをご参考にしてください。

Gilmore eVantage Bookshelf (CPE受講者のみ)

説明

AWS Cloud Practitioner Essentials 受講者のみこちらの手順でご準備ください。 他のコースは、AWS Labs側で自動的に連携しますので、事前登録は不要です。

事前登録

  1. eVantageアカウント作成画面にアクセスしてください
  2. 右下で言語切り替えできますので、「日本語」にしてください。
  3. トレーニングにご登録のメールアドレスでアカウント登録してください。
  4. トレーニング当日にeVantageから送付されるメールのLicanceCodeを確認してください。
  5. メニューから「引換コード」を選択し、上記LicanceCodeを入力してください

使い方

  • 下記のように、オンラインテキストをご利用できます
  • WEBブラウザでご利用できますが、デスクトップアプリも提供されていますので、インストールいただければご利用いただけます、
  • トレーニング中はスライドを用いて説明いたします。主に復習にご利用ください。

miro

使い方

  1. グループディスカッションの際にURLを共有いたします
  2. URLを開いて共同作業を行います

補足

  • 詳しい使い方は、当日ご説明いたします

推奨環境

項目 内容
通信速度 1Mbps 以上
WEBブラウザ Google Chrome
マイクとスピーカー ヘッドセットや会議スピーカーなどのご利用を推奨いたします

お願い

事前登録に関しましては、講義前日までにお願いいたします。 皆様のご参加をお待ちしております。