[小ネタ]AWS Transit GatewayのAZ間通信が無料になった件について絵を描いて理解してみる

AWS Transit GatewayのAZ間通信のネットワーク料金を図にしてみたよ!!
2022.05.06

こんにちは!コンサル部のinomaso(@inomasosan)です。

先日、AWS PrivateLink、AWS Transit Gateway、AWS Client VPNで同じリージョンのAZ間通信が無料となったアップデートがありました。

一方で、Transit Gateway関連の料金がアップデート前後でどう変わるのかが、パッとわからなかったので調べてみることにしました。

アップデート前の料金図

東京リージョンでTransit Gateway経由のVPC間の通信を例に、アップデート前のネットワーク料金を図にしてみました。

それぞれの料金について、解説していきます。

アタッチメント数

Transit Gatewayのアタッチメント毎に、1時間あたり$0.07の料金が発生します。
図の場合はVPCが2つなので、$0.14/h (=$0.07*2)となります。

データ処理

Transit Gatewayを経由するデータのトラフィックに対して、1GBあたり$0.02の料金が発生します。
例えば、50GBのデータをVPC間で通信した場合は、$1.00 (=$0.02*50)となります。

AZ間のデータ転送

AZ間のデータ転送料金について、Black Beltに資料があったので引用します。

引用:[AWS Black Belt Online Seminar]AWS Transit Gateway(2019/11/13)

同じAZへの通信は無料ですが、異なるAZへの通信はin/outの両方で1GBあたり$0.01の料金が発生していたようです。
上記の料金が今回のアップデートで無料になったというわけです。

アップデート後の料金図

アップデート後のAZ間のデータ転送料金が無料になったということを、念のため図にも記載しておきました。

(おまけ)Transit Gateway + Site to Site VPNの料金

VPC⇨Transit Gateway⇨Site to Site VPNの通信については、今回のアップデートの適用対象外となります。 こちらもネットワーク料金を図にしてみたので、おまけとして掲載してみました。

参考URL

まとめ

Transit Gateway関連の料金がアップデート後にどこが安くなったかについて、図を書いてみました。 やっぱり図を書くと脳の負担が減るので、スッキリと理解できますね。

この記事が、どなたかのお役に立てば幸いです。それでは!