Bashプロンプトとコマンド履歴をちょっとだけ見やすくする

Bashプロンプトの変更と、コマンド履歴にタイムスタンプを設定してみました。

はじめに

こんにちは、AWS事業本部のニシヤマです。はいマスキュラー。

サーバを立ち上げた際にデフォルトのシェルがBashであることが多々あると思います。備忘録も兼ねてBashの時に私が実施している設定をご紹介します。

ちょっと困ること

私がデフォルトのBashの状態だと困ることとして以下のようなことがあります。

  • 改行があるコマンドなどを実行した際にぱっと見でプロンプトとコマンドが区別しづらい
  • 調査などでコマンド履歴を見た時にいつ実行されたコマンドなのか判別ができない

やりたいこと

  • プロンプトが区別しやすいように色を付ける
  • コマンド履歴にタイムスタンプを付ける

結論

Linuxの場合、以下のコマンドを実行します。

$ cat << EOS >> ~/.bashrc
HISTFILESIZE=10000
HISTTIMEFORMAT='%Y/%m/%d %H:%M:%S '
PS1='\[\033[44;1;31m\][\u@\h:\W \t]\\$\[\033[00m\] '
EOS

こちらを実行することによりログイン中のユーザに対して以下の設定が可能となります。

  • コマンド履歴の件数を10,000件に設定
  • コマンド履歴に実行日時のタイムスタンプを設定
  • バックグラウンドを青、プロンプトの文字を赤に設定
  • プロンプトの表示時点のタイムスタンプを設定

全ユーザに設定したい場合は/etc/profileに追記してください。

さいごに

検証環境など個人で利用している場合はそこまで困ることはないかと思いますが、本番サーバなどで調査する際にはこれらの設定をすることにより少しだけ調査が楽になるかと思います。

以上、この記事がどなたかのお役に立てば幸いです。

最近の格闘技(主にMMA)

前回から若干間が空いてしまったのでここ最近のMMAをさっとおさらいします。

  • PFL(Professional Fighters League):ヘビー級で石井慧選手がデビュー戦判定勝ち。8月に2戦目が決定。
  • Invicta FC:村田夏南子選手がデビュー戦で1R一本勝ち。
  • UFC238:ヘンリー・セフード選手がバンタム級王座決定戦に勝利してフライ級/バンタム級の2階級王者に。
  • Bellator222:堀口恭司選手がバンタム級タイトルマッチに勝利してRIZIN/Bellatorの2団体王者に。

他にも修斗、DeepJewels、ONE FC、Bellator223もありました。また、前回悩んでいたRIZIN.17に行くことにしたので来月後半に楽しみができました!