[イベントレポート]BCTECH Summitの紹介 #BCTECHSummit

2017.03.14

はじめに

2017年3月14日(火)から3月15日(水)にかけてバンクーバーでBCTech Summitが開催されます。
今年はクラスメソッドカナダのメンバーも参加するのでサミットの概要を紹介します。
BCTech Summit

サミット概要

会場

サミットはダウンタウンにあるコンベンションセンターで開催されます。

コンベンションセンター外観
IMG_4753

コンベンションセンター内部
IMG_4751

レジストレーションの様子
IMG_4752

サミットの目的

サミットの目的は最新技術の紹介と、企業間のネットワーク作りです。
BC州内のテックカンパニーや世界中の投資会社から5千人以上が参加します。

サミット期間中は次の4つのイベントが同時に進行します。

  • スピーカーによる最新技術の紹介
  • 展示会
  • B2Bミーティング
  • 投資家を対象としたピッチ(プレゼンテーション)

スピーカーによる最新技術の紹介

アジェンダはこちらで確認できます。
1日目
2日目
ビッグデータやIoT、AIは日本と同様に注目度が高いようです。
一方、Agritechやクリーンテクノロジーが独立したカテゴリーとして分けられているのは特徴的だと感じました。
発表の一部はライブ配信されるので、興味のある方は視聴してみてください。

展示会

スタートアップから大企業まで200社近くのBC州企業が自社の製品やサービスを紹介します。
出展企業一覧
これだけの数の地元企業が集まる機会は少ないので、時間の許す限り見学したいと思います。

B2Bミーティング

主催者がサミット参加者同士のマッチングを行い、1対1の商談の場を設けます。
バイヤーのニーズは事前に公開されているので、サミット参加企業はニーズに合った自社の製品やサービスを事前に主催者に伝えておくことで、それらに興味にある企業や団体との1対1のミーティングが設定されます。

投資家向けピッチ

サミットに参加するBC州内の企業はサミットに集まった投資家を前に10分間のピッチを行うことができます。
今年は40社がピッチを行うようです。

最後に

実際のサミットの様子は本ブログで紹介していきます。