[レポート] AWS Private 5Gについて今わかっていること #reInvent #cmregrowth

CM re:Growth 2021 Onlineで配信されたセッション「AWS Private 5Gについて今わかっていること」のレポートです。
2021.12.07

こんばんは、芦沢です。

2021/12/7に開催されたCM re:Growth 2021 Onlineでのセッションレポートです。

レポート

スピーカー

  • アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 エバンジェリスト 亀田治伸

導入

  • AWS Private 5Gは現在Private Preview中
  • 一般的にPrivate PreviewのサービスはAWS社員でも申請が通りづらい
  • 先にパートナーやお客様から承認が降りる
  • Private Previwのサービスは触った感想などの外部公開禁止(ブログにも書けない)
  • 公開されている資料レベルのことならOK
  • しかし、Private 5Gはドキュメントがまだ公開されていない(FAQのみ)
  • 亀田さんも現在調査中
  • 今日はわかっていることを話す
  • 先に結論:AWSがキャリアのビジネスに参入するわけではない

5Gについて

  • 仕様について
    • レイテンシー:1ミリ秒(ms)
      • 4Gの場合:数十ms〜最短10ms(努力目標)
    • スピード:最大10Gbps
      • 日本の5Gの場合、最大20Gbpsが努力目標
      • 4Gの場合:最大1Gbps
    • 接続デバイス数:100万デバイス(1平方キロメートルあたり)
      • 4Gの場合:10万デバイス/1平方キロメートル
  • Public5G
    • 日本で使われている方はこっち
    • 既存の4Gネットワークの拡張版
  • Private 5G
    • 米国では、大規模な大学(ビルが数十個単位)のキャンパス全体をWifiでネットワーク化するケースがよくある
    • ネットワークを補強するために5Gを使うことが期待されている
    • アメリカではすでにPrivate 5Gのマーケットが存在
      • すでにビジネスを展開している事業者がいる(地方ケーブルテレビ、ISPなど)
      • その事業にAWSが参入

Private 5Gについて

提供されるもの

  • ハードウェア(ネットワーク機器、SIMチップ)と管理ソフトウェアのセット
    • Private 5Gで使われるSIMチップはデュアルSIMチップ(Public、Private両方に対応)が使われている
    • AWSで提供されるPrivate 5Gも同じかどうかは現在調査中
  • ネットワーク
    • 一般的なクラウドと同じように使える
  • 統合管理
    • デバイスおよびネットワーク全体の可視化
    • SIM単位のきめ細やかなアクセスコントロール

CBRS(Citizens Broadband Radio Service)

  • CBRSは、元々米海軍が免許を保有している軍用の周波数帯
  • 民間利用に一部開放したもの
    • 米軍は継続して使用中
  • Public 5Gとは周波数が異なる(日本、米国共通)
  • キャリアが提供するような公衆網とはまったく別物
  • 共有ネットワークなので、優先順位が存在する
    • 既存の米軍ユーザ
    • 優先アクセス免許取得者(現在は6社ほど、Verizonなど)
    • 免許不要の一般権限

RAN(Radio Access Network)とSAS(Spectrum Access System)

  • RAN
    • ローカルの5Gそのもの
    • 文章によってはそれを管理するプラットフォームのことを指す
    • 今回の場合で言うと、AWS Private 5G自体をRANと呼ぶケース
  • SAS
    • 米国の政府機関FCCにより認定を受けている周波数割り当てシステム
    • 優先順位が下のユーザには、優先順位が上のユーザが使っていない周波数が動的に割り当てられる

AWS Private 5G

  • AWSにより提供されるもの
    • ソフトウェア
      • CBRS
      • CBRS用のSAS
      • 5G CoreとRAN
    • ハードウェア
      • ネットワーク機器
      • SIM
      • AWS Outposts Server(場合によっては不要)
  • お客様側で準備するもの
    • リージョンへの接続(DXなど)
    • ゲートウェイやルータ
    • DHCPサーバ

  • AWSリージョン上に5G Coreを展開し、AWS側ですべて管理する場合
    • Outpostsは不要
    • クラウドまでの通信が発生、処理時に通信のオーバーヘッドが発生する可能性あり(Wavelength等と同じイメージ)
  • 5G Coreをローカルに展開する場合
    • AWSはOutpostsに5G Coreを展開することを推奨
    • 本当にOutpostsでないとダメなのか、は調査が必要

結論

  • 当面、日本とは関係ない
  • CBRSは米国の法律に基づいてるもの、日本でそれに相当するものは存在しない
  • 日本政府の動向次第では、今後Private 5Gが使えるようになる可能性はあるが、現時点ではアナウンスがない

感想

そもそも5Gって何?からPrivate 5G、Public 5Gの違いやCBRS、RAN、SASなどPrivate 5G関連の技術用語の説明までフォローしたセッションで、とても勉強になりました。

re:invent2021での発表時はよくわからんけどなんだかすごそうなアップデートが来たぞ!くらいの理解でしたが、本セッションのおかげでかなり理解が深まった気がします!

しばらくは日本とは関係ないサービスのようですが、Private 5Gはアメリカでは既にビジネス化しているそうなので今後のAWSの動きが気になります。