Coc.nvimを触ってみようアドベントカレンダー 11日目 – coc-markmap

とっても楽しいcoc.nvimを触ってみようというアドベントカレンダーです。11日目はcoc-markmap。markdownでMindMapを作成するための拡張です。
2021.12.11

Coc.nvimを触ってみよう Advent Calendar 2021 11日目です。

今回は coc-markmap です。

coc-markmap について

Markdownファイルを基にマインドマップを作成するmarkmapのcoc拡張です。

coc-markmap をインストールする

vimを起動した状態で以下のコマンドを実行します。

:CocInstall coc-markmap

使ってみる

引数にmdファイル名を渡します。

vim test.md
:CocCommand markmap.create

mdファイルが空の場合は以下のようになります。

markdown上の要素で対応しているのは Header (#) のみで、それ以外は表記すらされません。また、コードブロック記法 (```)を使うと

[coc.nvim]: UnhandledRejection: ReferenceError: Prism is not defined

というエラーが発生します。

あとがき

今回記事のmarkdown原稿をコードブロック除外の上でmarkmapに通すと以下のようになります。

通常の文章が反映されない点で使いづらいという感想を持つかもしれませんが、markdownのみで見られるコメントとしての使い方もあります。markmap上で使えるものを編集しながら確認したい場合はtry it outにサンプルが出力されるので試してみましょう。