CSA Data UploaderでGoogleドライブ環境のファイルを入力として連携出来るようになりました

2022.03.14

はじめに

クラスメソッドが展開しているデータ統合基盤サービス『CSアナリティクス』(以降"CSA")のプロダクト群の1つ、『Data Uploader』にGoogleドライブへのファイル連携を行う機能を追加しました。

今回はこの機能のうち、Googleドライブ上のファイルを連携とする機能を紹介したいと思います。

事前準備

事前にGoogleアカウントを用意し、ブラウザにてログインしておいてください。ブラウザはChromeを推奨します(本記事もChromeの最新版にてキャプチャをとっております)。

Googleドライブ接続設定の準備

CSA Data UploaderでGoogleドライブに接続するためには、まずGoogleドライブへの接続情報を設定する必要があります。こちらの設定方法について記載いたします。

「設定」メニューより「接続設定」→「Googleドライブ」を選択します。

Googleドライブ設定画面に遷移します。「追加」ボタンを押下します。

Googleドライブ接続の追加画面が表示されます。任意の接続情報名を「Googleドライブ接続情報名」に入力し、「Sigin in with Google」ボタンを押下します。

別タブにてGoogleにログインする画面が表示されます。Googleドライブに接続したいGoogleのアカウントを確認し、アカウントを押下します。(ブラウザにてGoogleにログインしていない場合、Googleへのログインを促す画面が表示されます)

CSA Data UploaderがGoogleアカウントへアクセスを許可するかの確認画面が表示されます。内容を確認し、許可する場合は「続行」ボタンを押下します。

認証コードが表示されます。右側のコピーボタンを押下し、クリップボード内にコードをコピーします。コピーした後は、このタブは閉じても大丈夫です。

CSA Data UploaderのGoogleドライブ接続の追加画面に戻り、コピーした認証コードを下のテキストボックスに貼り付ます。

「検証」ボタンを押下し、「OK」が表示されたら「保存」ボタンを押下します

Googleドライブ接続の追加画面が閉じられ、Googleドライブ設定画面に戻ります。先ほど入力した「Googleドライブ接続情報名」で、Googleドライブ接続設定が追加されます。

Googleドライブからの入力

CSA Data Uploaderのジョブ一覧画面にて「ジョブを作成」を押下し、任意のジョブ名で「データアップロード」ジョブを作成します。(ファイルの変換処理が要らない場合はファイルアップロードジョブでもOKです)

入力要素を作成します。入力種別には「Googleドライブ接続」を指定します。

Googleドライブ接続名には先ほど作成した接続名を選択します。

以下、必要な項目を入力していきます。ファイル/フォルダパスについては、Googleドライブ内のアップロードしたファイルやフォルダのパスを入力してください。パスについては、組み込み変数やワイルドカードでの入力も可能です。

全てを入力したら「読み込みテスト」ボタンを押下し、OKが表示されたら「保存」ボタンを押下します。

入力設定の保存後、「データ表示」ボタンをクリックでデータのプレビュー表示が出来ることを確認できます。

まとめ

CSA Data UploaderでGoogleドライブからのファイル入力を行う機能の紹介でした。CSA Data Uploaderは1ヶ月間のトライアル利用が可能となっています。興味をお持ち頂いた方は是非無料版ダウンロードページからインストーラを入手頂き、お試し頂けますと幸いです。