CSA Data UploaderでGoogleドライブ環境のファイルを出力として連携出来るようになりました

2022.03.14

はじめに

クラスメソッドが展開しているデータ統合基盤サービス『CSアナリティクス』(以降"CSA")のプロダクト群の1つ、『Data Uploader』にGoogleドライブへのファイル連携を行う機能を追加しました。

今回はこの機能のうち、Googleドライブ上のファイルを連携とする機能を紹介したいと思います。

事前準備

事前にGoogleアカウントを用意し、ブラウザにてログインしておいてください。ブラウザはChromeを推奨します(本記事もChromeの最新版にてキャプチャをとっております)。

またGoogleドライブ接続設定済みであるものとします。設定方法については前回の記事を参照ください。

Googleドライブへの出力

ジョブ詳細画面より出力要素を作成します。出力種別には「Googleドライブアップロード」を指定します。

アップロードに関する設定項目を入力します。項目毎の内容は以下の通りです。

  • ファイル種別 : アップロードするファイルを「どのファイル形式」で作成するかを選択出来ます。現時点で選択可能なものは「CSV/TSV」「JSONL」です。
  • 区切り文字 : ファイル種別で「CSV/TSV」を選択した場合、ファイルの区切り文字をどの形式とするかを選択出来ます。
  • Googleドライブ接続名 : Googleドライブ接続設定で作成した接続名を選択します。詳細は前回の記事を参照ください。
  • パス : アップロード先のGoogleドライブ内のフォルダのパスを入力してください。パスについては、組み込み変数やワイルドカードでの入力も可能です。
  • ファイル名 : アップロード対象のファイル名をどうするかを指定します。「入力時のファイル名を使用する」「任意のファイル名を入力」が選択出来ます。

全てを入力したら「保存」ボタンを押下します。

出力処理指定を作成する事が出来ました。

まとめ

CSA Data UploaderでGoogleドライブからのファイル入力を行う機能の紹介でした。CSA Data Uploaderは1ヶ月間のトライアル利用が可能となっています。興味をお持ち頂いた方は是非無料版ダウンロードページからインストーラを入手頂き、お試し頂けますと幸いです。