[レポート]知っておきたい!Alteryx Designer Desktop2023.1の新機能 ~ Designer Features You May Have Missed #alteryx23

2023.05.25

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

アライアンス統括部の兼本です。

現地時間2023年05月22日(月)〜2023年05月25日(木)に米国ラスベガスで開催されているAlteryxの年次カンファレンスイベント「Inspire 2023」。今回クラスメソッドからは計6人のメンバーが現地参戦しています。

本エントリでは2023年5月18日にリリースされたAlteryx 2023.1 のDesigner Desktopの新機能を紹介した「Designer Features You May Have Missed」というセッションについてレポートします。

セッション概要(拙訳)

Alteryx Designerは常に進化しているため、常に何か新しいことを学ぶことができます。このセッションでは、見逃してしまいそうな、でも見逃したくないDesignerの新機能に焦点を当てます。

スピーカー

  • Nicole Johnson, Manager, Product Management, Alteryx

  • Joshua Burkhow, Chief Evangelist, Alteryx

アジェンダ

某映画のキャラクターが出てきた時点で言葉はいらないですね、これがすべてです。

DCM(Data Connection Manager) + External Vault Support

データ接続マネージャがAWS Secret Manager、Cyberarck Conjur、HashiCorp Vaultの3種の外部Vault(保管庫)をサポートしました。

これにより、データソースへの接続情報をサードパーティツールで管理可能となりました。

New + Enhanced Connectors

Google Analytics 4、Denodoなどが新しくサポートされてます。個人的にはBigQuery In-DBのサポートが激アツです!こんな1行で済ませてほしくない!

Tool Config Updates + New Functions

  • フォーミュラツールの数式一覧を一括で展開、または、折りたたみできる
  • 複数の出力アンカーを持つツールのキャッシング
  • セレクトツール上でフィールド名による検索機能を提供
  • アウトプットツールの出力をプロパティ設定だけで無効化
  • 新しいフォーミュラ数式(Between)
  • Datetime型の精度(1/1,000秒のサポート)

PDF to Text Tool(Intelligence Suiteオプション)

Control Container

コンテナ単位でワークフローを制御可能になりました。本機能を利用することで同じファイルへの書き込み時制御など処理単位での制御が可能となり、より柔軟なワークフロー開発が可能になりました。こちらも待望のアップデートです。

Dark Side Mode

Designer Desktopでダークモードをサポートしました。オプション>ユーザ設定>ユーザ設定の編集から「カスタマイズ」タブを選択し、デザインテーマを「ダークモード(ベータ)」に変更します。

設定を有効にするとDesigner Desktopがダークモードに変更されます。

ダークモードの有用性については、某ジェダイマスターの方もおっしゃってましたね。

というわけで、知っておきたい!Alteryx Designer Desktop2023.1の新機能についてご紹介いたしました!

以上、現場からお伝えしました。