「外に出れないこんなご時世だからこそ、AWS MediaServicesによるライブ配信入門」という内容で動画投稿しました #devio2020

本日6/16より「Developers.IO 2020 CONNECT」が開催中です!
2020.06.16

こんにちは、大前です。

本日 6/16 より、Developers.IO 2020 CONNECT が開催されております!

Developers.IO 2020 CONNECT

オンラインでのライブセッションに加え、100本近くのビデオセッションがなんと無料で見放題!

知らなかった方は今からでも要チェックです!

 

という事で、私も AWS MediaServices に関するビデオセッションを一本投稿しているので、それについて紹介をさせて頂きます。

セッション本編

本編はこちら。無料ですので、バシバシご視聴ください。

 

発表スライド

使用したスライドも載せておきます。 動画内に記載しているリンク一覧はこちら。

セッション内容

タイトル

外に出れないこんなご時世だからこそ、AWS MediaServicesによるライブ配信入門

概要

AWSでライブ配信をする時のAWS MediaServicesの役割やアーキテクチャパターンを入門レベルでご紹介します。

アジェンダ

アジェンダとしては以下についてお話させて頂きました。

  1. AWS MediaServices の概要
  2. 私たちにライブ配信が届くまで
  3. AWS MediaServices の役割
  4. なぜ AWS で動画配信をするのか
  5. まとめ

それぞれ、簡単な概要を記載していきます。

 

1. AWS MediaServices の概要

AWS MediaServices とはそもそもどんなものか概要を説明した上で、実際にどんなサービスがあるのかをざっくりと確認していきます。

 

2. 私たちにライブ配信が届くまで

AWS MediaServices の役割などを理解するためには、前提として一般的なライブ配信のワークロードをある程度理解する必要があります。

ここでは AWS から少し離れて、一般的なライブ配信のワークロードに必要な要素についてお話しつつ、一般的なワークロードの全体像を理解していきます。

 

3. AWS MediaServices の役割

一般的なライブ配信のワークロードを抑えた上で、AWS MediaServices が実際にどのような役割を担ってくれるのか、また、AWS でライブ配信を行う際の構成がどうなるのかについてお話します。

 

4. なぜ AWS で動画配信をするのか

AWS でライブ配信を行うための構成や使用するサービスが理解出来たとしても、実際には AWS を使わずにライブ配信等を実施するケースも考えられます。

ここでは、「AWS で動画配信をするケース、しないケース」をいくつかの判断ポイントを挙げつつお話します。

 

5. まとめ

まとめです。1. 〜 4. まででお話した内容を振り返りつつ、本セッションを締めさせて頂きます。

まとめ

本日 6/16 より開催中の、Developers.IO 2020 CONNECT にて、「外に出れないこんなご時世だからこそ、AWS MediaServicesによるライブ配信入門」というタイトルでお話をさせて頂きました。

 

他にも様々なセッションがありますので、是非以下サイトよりチェックしてみてください。

Developers.IO 2020 CONNECT

 

以上、AWS 事業本部の大前でした。