[レポート] Alexaスキルでのマネタイズ #AlexaDevSumi

2018年12月14,15日に開催されたAlexa Dev Summit 2018のセッション、「Alexaスキルでのマネタイズ」のレポートです。
2018.12.15

はじめに

本ブログは、2018年12月14,15日に開催されたAlexa Dev Summit 2018のセッション、
「Alexaスキルでのマネタイズ」のレポートです。

概要

スキルでのマネタイズについて考え始めましょう。グローバルでのマネタイズの状況を共有し、日本でも利用可能なAmazon Payを使ったスキルの開発方法を紹介します。

レポート

  • アマゾンジャパン合同会社 アレクサビジネス本部 シニアソリューションアーキテクト 小林剛士さん
    • よく使うスキル:JR東日本、Yahoo天気・災害、バス案内
  • アマゾンジャパン合同会社 Amazon Pay事業本部 プログラムマネージャー 中村はるかさん
    • よく使うスキル:Yahoo天気・災害、日本赤十字社、Amazonian News
  • Alexaの日本でのタイムライン
    • Alexaローンチ
    • Echo Spot発売、マルチモーダル
    • APLを公開
    • スキル向けAmazon Payがリリース
  • マネタイズの種類
    • physical: Amazon Pay
    • digital: スキル内課金
  • Amazon Payとは
    • Amazonアカウントに登録されているクレカの情報や配送先の情報を利用して、Amazon以外のECサイトでも簡単・安全に決済が可能となるサービス
  • 「コネクテッド・コマース」の世界
    • Amazon BooksやAmazon Goのように、Amazonのより良いショッピング体験を実店舗にも広げていく
  • Alexaスキル向けAmazon Pay
    • Amazonアカウントを使って、Alexaスキル内で簡単・安全に支払いができる
    • 日本赤十字社のスキルデモ
    • 現時点でAmazon Payが使えるスキルの紹介(8スキル)
  • 開発を始めるには
  • Alexaを使った寄付の事例(日本赤十字社スキル)
  • ECサイトと連携する事例(メガネスーパースキル)
  • スキル内課金
    • 現状日本は未対応だが、グローバルにも順次対応していっている
    • 優れたスキル(コンテンツ)に対して利用者(カスタマー)が増えると、ビジネスチャンス(収入)が生まれる
    • 課金は3種類
    • 買い切り型
      • 例えば、物理の本。買えば好きなだけ読める
    • サブスクリプション型
      • 例えば、新聞紙の購読。一定の額を払って継続して読める
    • 消費型
      • 例えば、ハンバーガー。支払って食べたら無くなる。再購入もできる。
  • スキル内課金の上限
    • サブスクリプション・買い切り型: $0.99 〜 $99.99
    • 消費型: $0.99 〜 $9.99
    • 設定価格の売上の70%が開発者のもとに入る。
    • プライム会員かどうかで価格が変わったりするので、価格をスキルで発話させるのはNG。Alexa側に任せる。
  • スキル内課金アイテムの購入デモ
  • スキル内課金のベストプラクティス
    • 基本、無料で使えること。スキルそのものに価値を持たせる
    • 付加価値のあるコンテンツを準備する
    • 課金アイテムの内容はユーザーに明確に説明すること
    • 購入を問いかけるタイミングは適切にする。ユーザーに購入を押し付けない
    • ユーザーに購入を断られたら、何度も問いかけない。しばらくしてから
    • 購入された場合、課金アイテムの内容や状況を伝える
  • 日本でのスキル内課金開始に備え、今からできること

おわりに

内容がマネタイズということもあり、来場者の関心も高く大盛況のセッションでした!
個人開発者としても、スキルのマネタイズを考える上で非常に勉強になる内容でした。
「スキルのマネタイズ」が進むことで、これから本格的に企業や個人のスキル開発が加速するのではないでしょうか。

なお、弊社ではAlexaの開発・導入支援も行っておりますので、お気軽にお問い合わせいただけますと幸いです!