使い捨てのメールアドレスを試して見た

2021.12.24

(英文はこちらから)

はじめに:

日常の生活では使い捨て商品をよく使用されます。例えば割り箸、コンタクトレンズ、マスクなど。使い捨て商品の利点は、目的が満たされたらそれらを維持する必要がないことです。近年で発展してきたこのデジタル社会では使い捨てのメールアドレスも人気が集まってます。捨てアドと略語され個人情報をある程度保護しながら、不要な迷惑メールの受信を避けることに訳立ちます。一時的な登録の目的で、何も条件を付けずサービスを使用できるようにするために使い捨てのメールが最適です。

はじめに:

いくつかの使い捨てのメールアドレスを評価した後、現在提供しているサービスに基づいていくつかのウェブサイトをここで推奨します。

1)InstAddr

こちらのサイトでは、多国語のユーザー向けのプラットフォームを提供しランダムなメールアドレスを発行されます。一時的なメールアドレスですが、有効期限付きまたは無期限無しで選べることができます。 無償なメールアドレスが使えるのは大事な特徴です。さらに、メールの受信・送信・転送・返信などは可能です。送信する際にファイルを添付することも出来ます。最後に、このサイトでは Chrome 用に新着メールお知らせる拡張機能が使えます。全体的に業界標準を超える最高のサービスの 1つとして考えられます。

2)10 Minute Mail

名前の通りに10分間有効期限のランダムなメールアドレスが発行され無償で使えるプラットフォームです。もし 10分間を経過してもそのまま延長ボタンを押して同じメールアドレスをさらに 10分間を使えることが出来ます。ブラウザのセッションが再起動した場合は新しいメールアドレスが発行されます。メールの送信と受信が可能ですが転送やファイル添付することができないです。

3)Mohmal.com

こちらは多国語のユーザー向けのプラットフォームでランダムなメールアドレスを発行されます。メールアドレスの有効期限が 45分間ですが、有効期限内であればさらに 45分間は延長することが出来ます。

最後に:

この記事では、使い捨てのメールアドレスがどのように役に立つのか、そしてそれらをどのように使用するのかを記載しました。