[番外編]AWS re:Invent 2014で食べた食事レポート #reinvent

佐々木@McCarran International Airportなうです。

AWS re:Invent 2014レポートの番外編として、ラスベガスで食べた食事をご紹介したいと思います。来年参加される方のご参考になれば幸いです。

イベント会場で提供される食事

AWS re:Invent 2014ではイベント会期中、朝食と昼食がフリーで提供されます。提供時間帯に会場であるThe Venetianの1階のホールに行き、誘導に従って進むと、バイキング形式のような形で幾つかの料理から好きなものを選択して皿に盛る仕組みです。

またドリンクも提供され、朝はフルーツジュース(オレンジとクランベリーがありました)とコーヒー、昼は缶ジュース(ペプシコーラ、ダイエットペプシ、コカコーラ、ダイエットコーク、スプライト)とコーヒーとティー類がありました。

以下は僕が食べた食事です。朝は大体ドーナッツとヨーグルトとフルーツ、昼はバケットと肉系料理とサラダ、といった感じでした。

他に09:45と15:45のタイミングでドリンクサービスがあり、こちらもコーヒー、缶ジュース、ティー類が提供されていました。一旦眠くなるタイミングだったので大変助かりましたが、本当にたくさんのコーヒーとコーラを飲みました...

1日目朝食

DSC_0013

1日目昼食

2日目朝食

2日目昼食

3日目朝食

3日目昼食

4日目朝食

イベント会場以外で食べた食事

1日目の晩御飯。Treasure Islandホテルの1階にあるPhil's Italian Steak Houseではいかにもアメリカ!なステーキが食べられました。こちらはDRY AGED T-BONE。20ozあります。お値段も$53となかなか高い。でもそれだけの価値はあります。超美味しかった。なおこの料理に限らずアメリカ料理のソースは大体甘しょっぱいので、しばらく食べてると飽きます。こちらのお店ではソイソースをお願いすると出してくれました。

The Venetianの2階にあるフードコートでは比較的安価で食事が出来ます。幾つかのショップが入っているのですが、僕が選んだのはShake N’ Burger。ダブルベーコンチーズバーガーはドリンクとポテトがセットで$10ちょっとです。ボリュームもあり、味もなかなか。2回も食べちゃいました。

最終日の夜にツアー参加者の懇親ディナーがあったのですが、それで行ったのがRoy'sです。ハワイ料理のお店で、ディナーはコースだったのでメインの選択ができたのですが、お店のおすすめであるサーモンをぶっちぎって僕が注文したのはやっぱりアメリカらしくビーフ。これは頬肉のように柔らかくて、とても美味しかったです。

まとめ

とりあえず、アメリカのハンバーガーが本当にデカいのか確かめたいと思っていたので、ちゃんと食べられて良かったです。あとアメリカはやっぱりビーフ大国だなと思いました。食事の中心が甘いパンと肉で、何食っても甘くてデカい。その国の文化は食事に強く表れるなと思った次第です。またアメリカの食事ばかり摂っていると日本食が恋しくなると言われますが、僕はアメリカの食事はほぼどれも美味しく食べられました。

美味しいものが食べられて良かった!