メールを追跡するべきか、追跡されないように見守るべきか!

2021.10.13

(For English click here)

はじめに:

メール追跡の機能は様々な場面で役立ちます。顧客を特定するまたは顧客のニーズをターゲットにする、従業員のコミュニケーションを追跡する、追跡データを分析する、法的な問題を追求する、または単に関心のある人々をスパイする。この記事ではメール追跡の使用方法、そして最も重要なこととして追跡されないようにする方法を理解できます。

メール追跡の方法:

メールの追跡方法を知る前にメール配信の手順を理解することが重要です。以下の図を参考にし、送信者がメールを送ると送信者のメールサーバー経由でインターネット上でメールが送信されます。続きましては受信者のメールサーバー経由で受信者まで配信されます。

追跡の目的で、1ピクセルサイズの画像のリンクがメールの本文に埋め込まれていることがあります。この画像は、背景と調和するように透明であることが多く、ユーザーが気付くには小さすぎます。メールを開くと追跡サーバーと通信されます。追跡サーバーは、メールが開かれた時のタイムスタンプ、メールが再開れた回数、受信者の IP アドレス、メールを開くために使用されたデバイスの種類などの使用状況データを収集します。このようなデータは利用して広告の戦略を作成する為に潜在的な顧客をターゲットにし、マーケティング会社に販売されることがよくあります。

A/Bテストなどの統計解析し客様のニーズに適切なより良いマーケティングキャンペーンなどを提供することが出来ます。

追跡されないようにする方法:

追跡されないようにするためには、最も簡単な方法としては不明な送信者からのメールを開かないことです。または、メール設定を変更して外部画像をブロックすることで追跡されないです。プレーンテキストのみで受信するように選択することもできます。ご利用中のブラウザにトラッカーブロック拡張機能をインストールすることもできます。Google Chromeまたは Mozilla Firefox ブラウザでは広告ブロック、スクリプトブロックなどが可能な拡張機能がいくつかあります。最後に、VPN を使用してデジタルフットプリントを隠すことができます。

まとめ:

この記事では、メール追跡機能の基本働き方をご紹介し、メールで追跡されたくない場合に必要な対策をまとめました。