AlteryxでデータをExcelファイルにシートを分けて出力したい

2018.07.04

こんにちは。Alteryxサポートエンジニアとして勉強中のスズです。

このシリーズでは、Alteryxを触り始めた際に出てくる「こうしたいけどやり方が分からない」「どのツールを使えばいいか分からない」といった疑問を切り口として、Alteryxの機能をご紹介していきます。

今回のテーマは、ファイルへの出力です。

データをExcelファイルにシートを分けて出力したい

データをファイルに出力する場合は、[In/Out]->[Output Data]を利用できます。
今回はOutput Dataツールを利用して、データをExcelファイルにシートを分けて出力する方法を見ていきます。

今回は上の表の「Product Group」の「文具」「飲料」「食品」に分けて出力します。

出力するデータにOutput Dataツールを接続します。Output Dataツールには以下のとおり設定しています。

  • [File Format]に「Microsoft Excel (*.xlsx)」を選択
  • [Output Options]に「Create New Sheet」を選択
  • [Take File/Table Name]を有効化
  • [Change File/Table Name]を選択
  • [Field Containing File Name or Part of File Name]に「Product Group」を選択
  • [Keep Field in Output]を選択

実行して結果を確認します。

「Product Group」によって複数のシートに分かれてデータが出力されました。「文具」のシートには、「Product Group」が「文具」のもののみ出力されています。

複数の項目の組み合わせでシートを分けたい

今度は複数の項目の組み合わせでシートを分けてみます。

先ほどと同じ表を使用します。今回は「文具」と「1号店」のように、「Product Group」と「Store」の組み合わせでシートを分けていきます。

今回の処理では、Output DataツールでExcelファイルに出力する前に、[Preparation]->[Formula]を挿入しています。

Formulaツールでは、シートの名前にするための列を追加します。新しく追加する列「Sheet Name」には、ToStringを使用して「Product Group」と「Store」を出力するよう設定し、間に「_」を挿入します。これで、「文具_1号店」というように、「Product Group」と「Store」の組み合わせを出力できました。

Output Dataツールで出力します。Output Dataツールの設定は先ほどとほとんど同じですが、[Keep Field in Output]の選択は外しています。

  • [File Format]に「Microsoft Excel (*.xlsx)」を選択
  • [Output Options]に「Create New Sheet」を選択
  • [Take File/Table Name]を有効化
  • [Change File/Table Name]を選択
  • [Field Containing File Name or Part of File Name]に「Sheet Name」を選択

実行して結果を確認。

「Sheet Name」によって複数のシートに分かれてデータが出力されています。Output Dataツールの設定で[Keep Field in Output]を選択していないため、出力したデータに「Sheet Name」は含まれていません。

最後に

今回はデータをExcelファイルにシートを分けて出力する方法をご紹介しました。これからもAlteryxの機能をご紹介していきます。

Alteryxの導入なら、クラスメソッドにおまかせください

日本初のAlteryxビジネスパートナーであるクラスメソッドが、Alteryxの導入から活用方法までサポートします。14日間の無料トライアルも実施中ですので、お気軽にご相談ください。

alteryx_960x400