Flex 4.6 モバイル 2 – Callout と CalloutButton

Calloutコンポーネント

今回はCalloutコンポーネントについて見ていきましょう。

Calloutコンポーネントの概要

Calloutコンポーネントは、下図のような吹き出しです。iOSアプリ開発では、UIPopoverControllerにあたるコンポーネントですね。
Calloutコンポーネントは、PopUpAnchor と同様に、オーナーに対して相対的に配置できる追加オプションを備えたポップアップです。

Calloutコンポーネントの使い方

Calloutコンポーネントは主に、CalloutButtonコンポーネントを使って開閉させます。

[XML] [/XML]

CalloutButtonコンポーネントのcalloutContentやcalloutLayoutプロパティを使ってCalloutコンポーネントで表示するコンポーネントを指定します。

[XML] [/XML]

また、CalloutButtonコンポーネントのverticalPositionとhorizontalPositionプロパティでCalloutを表示する位置を指定できます。
初期値は、autoとなっていて自動的に表示されます。また、明示的に指定したい場合は、CalloutPositionクラスに定数が定義されているので参考にしてください。
http://help.adobe.com/ja_JP/FlashPlatform/reference/actionscript/3/spark/components/CalloutPosition.html

続く...

次回はCalloutのスキンについて解説していきます。