FlexMonkey 2

Flex Monkey

http://www.gorillalogic.com/flexmonkey
今回はFlexMonkeyのインストールからサンプルプロジェクトで動作確認をします。

ユーザ登録

事前登録を下記から行います。ダウンロードやソース閲覧に必要になります。
http://www.gorillalogic.com/user/register

インストール

事前登録後、下記ページにアクセスします。
http://www.gorillalogic.com/flexmonkey/download

このページのInstall NowをクリックするとFlexMonkeyのダウンロードとインストールが自動で始まります。

アプリケーション起動

ダウンロードとインストールが終わるとFlexMonkeyアプリケーションが起動します
初期起動時にはメイン画面と[Project Properties]画面が開きます。
[Project Properties]画面は消した場合は、メイン画面のメニューの[Project]→[Properties]より開くことができます。

サンプルプロジェクトの準備

Flexプロジェクトを作成してメインアプリケーションを下記のようにします。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<s:Application xmlns:fx="http://ns.adobe.com/mxml/2009" 
			   xmlns:s="library://ns.adobe.com/flex/spark" 
			   xmlns:mx="library://ns.adobe.com/flex/mx" minWidth="955" minHeight="600">
	<s:VGroup>
		<s:Button click="message.text = 'Hello World!'"/>
		<s:TextInput id="message"/>
	</s:VGroup>
</s:Application>

FlexMonkeyの設定

先ほどの[Project Properties]画面からプロジェクトの設定を行います。

Project Directoryにサンプルプロジェクトの絶対パスを入れます。

次にサンプルプロジェクトのビルドパスの設定を行います。
[Project Properties]画面の[Setup Guide]のところにある+ボタンをクリックします。

Step #1
[-please your Flex SDK version-]からコンパイルしたいバージョンを選択します。
そうすると下記の画面のようになります。

Step #2
AIR プロジェクトの場合は、チェックをいれます。
チェックをいれるとStep #4 のコンパイル引数がAIRプロジェクト用になります。

Step #3
赤いアイコンをFlashBuilder4.6に表示されているサンプルプロジェクトのlibsフォルダにドラッグアンドドロップします。

Step #4
サンプルプロジェクトのプロパティの[Flex コンパイラー]項目の[追加コンパイラー引数]に追記します。

Flexの場合

-include-libraries "../libs/automation_monkey4.x.swc"
"${flexlib}/libs/automation/automation_spark.swc"
"${flexlib}/libs/automation/automation.swc"
"${flexlib}/libs/automation/automation_agent.swc"
"${flexlib}/libs/automation/automation_dmv.swc"


AIRの場合

-include-libraries "../libs/automation_monkey4.x.swc"
"${flexlib}/libs/automation/automation_spark.swc"
"${flexlib}/libs/automation/automation.swc"
"${flexlib}/libs/automation/automation_agent.swc"
"${flexlib}/libs/automation/automation_dmv.swc"
"${flexlib}/libs/automation/automation_air.swc"
"${flexlib}/libs/automation/automation_airspark.swc"

サンプルプロジェクトの実行

FlexMonkeyが次のように[NOT CONNECTED]か確認します。

サンプルプロジェクトのデバック実行して、FlexMonkeyがFlexアプリケーションを認識します。
すると、次のように[CONNECTED]になります

サンプルプロジェクトの操作の録画

FlexMonkeyで録画するためには、まず[CONNECTED]か確認します。
次に、その下にある赤いボタンをおして録画スタートです。

そして、ボタンをクリックしてテキストインプットにHelloWorldを出力させます。
そうするとクリックした操作をFlexMonkeyが録画します。

録画を止めるには赤いボタンを再度押します。

サンプルプロジェクトの操作の再生

FlexMonkeyで録画した操作を再生するためには、まず[CONNECTED]か確認します。
次に、再生ボタンをクリックします。
録画した順番通りに実行します。

続く...

次はFlexMonkeyの録画と再生について説明します。