FlexMonkey 3

前回は、FlexMonkeyのインストールから実行まででした。
今回はFlexMonkeyの録画と再生について説明します。

録画

1. サンプルプロジェクトへ接続

FlexMonkey起動させて、サンプルプロジェクトのデバック実行します。
すると、FlexMonkeyの画面が、次のように[CONNECTED]になります。

2. 録画実行

[CONNECTED]の下にある赤いボタンをクリックして録画を開始します。

録画が開始されると次のような画面になります。


3. 録画実行

Flexアプリケーション側を操作します。 Flex上にある[Show]ボタンをクリックするとTextInputに"HelloWorld!"と文字が表示されます。


FlexMonkeyは、[Show]ボタンのクリックイベントを捕捉して、録画しています。
このようにFlexMonkeyは、1つのイベントをイベントコマンドとして録画していきます。

次は、TextInputに表示されている"HelloWorld!"を消してみましょう。


TextInputのテキスト選択とBACKSPACEキーを押したことが録画されたことが確認できます。

4. 録画停止

録画停止は録画開始ボタンと同じ場所なので、それをクリックします。


これで操作の録画ができました。

再生

イベントコマンド単体再生

録画したイベントコマンドにマウスをロールオーバーすると下記のようにメニューが表示されます。
その中の[Play Command]をクリックすると、イベントが再生されます。

実行すると下記のような実行結果画面が表示されます。


イベントコマンド一括再生

録画画面にある再生ボタンをクリックすると、録画したイベントが一括で再生されます。

実行すると下記のような実行結果画面が表示されます。


続く...

次はイベントコマンドについて詳しく説明します