2021 年 8 月上旬以降に作成された東京リージョンの Connect インスタンスから日本の携帯電話への発信を行うにはホワイトリスト化の申請が必要です

2021年 8 月上旬以降に作成された東京リージョンの Connect インスタンスから日本の携帯電話への発信やベトナム・アメリカ以外の国への架電を行うためにはホワイトリスト化の申請が必要となります。
2021.08.21

はじめに

2021 年 8 月上旬以降 に東京リージョンで作成された Connect インスタンスに一部機能制限が追加されました。

変更点

デフォルトで発信が可能となるのは日本(固定電話のみ)、ベトナム、アメリカ合衆国となり、 日本の携帯電話番号およびその他の国への架電を行うためにはホワイトリスト化の申請が必要になります。

You can call the following countries by default:

・Japan: See Prefixes that are not allowed by default
・Vietnam
・United States

Japan mobile numbers with the following prefixes are not allowed by default:

+8170, 8180, and 8190

Before you can dial these Japan mobile numbers, you must submit a service quota increase request.

申請をしないで日本の携帯番号への発信を行うとどうなる?

ホワイトリスト化の申請を行わずに日本の携帯番号への発信を行った場合、以下のエラーが表示されます。

無効な数値
ダイヤルされた番号では通話を完了できません。再度お試しになるか、管理者にお問い合わせください。


そのため、以下にてホワイトリスト化の申請方法について紹介いたします。

AWS サポートへのホワイトリスト化の申請方法

AWSサポートセンターにアクセスし、「ケースの作成」をクリックします。

ケースの作成


サービス制限の緩和」を選択し、制限タイプとして「Amazon Connect」を選択、Connect インスタンス ARN を入力します。

サービス制限の緩和


リージョンは「アジアパシフィック(東京)」を選択、制限の項目には「発信通話のホワイトリスト国登録」を選択します。

発信通話のホワイトリスト国登録


申請理由の説明にて、対象の Connect インスタンスから日本の携帯電話への発信やベトナム、アメリカ合衆国以外の国への発信が必要となる旨を記載し、ケースの送信を実施してください。

おわりに

これから東京リージョンの Connect インスタンスを作成し、そのインスタンスから日本の携帯電話番号へ発信を行う必要がある場合は、上記を参考にご対応いただけると幸いです。