Google Chrome Extensionを作ってみた-その8-

はじめに

前回からだいぶ時間が空きましたが、今回はttsを紹介します。ttsはText To Speachの略で、テキストの読み上げをしてくれます。
コンテキストメニューをクリックして、選択したテキストを読み上げるエクステンションを作ってみます。

作ってみる

マニフェスト

いつも通りmanifest.jsonからです。tssを利用するにあたってのポイントは"permissions"に"tss"を指定する事だけです。あとは、コンテキストメニューを使うので"contextMenus"も入れています。
コンテキストメニューの使い方が分からない方は過去の記事を参照してください。

{
	"name" : "TtsSample",
	"version" : "1.0.0",
	"background_page" : "background.html",
	"permissions" : [
		"tts",
		"contextMenus",
		"http://*/*",
		"https://*/*"
	],
	"icons" : {
		"16" : "icon_128.png"
	}
}

background.html

コンテキストメニューの処理についてです。chrome.contextMenus.createでメニューを作りますが、今回はテキスト選択の時だけメニューを出すので"contexts"は"selection"だけを指定します。実際にメニューが押下された時の処理はgetClickHandlerメソッド内に記述します。
テキストの読み上げは

chrome.tts.speak({string});

で出来ます。
info.selectedTextで選択しているテキストが取得できるので、それを引数に入れています。実際に書いたソースコードは次の通りです。

<html>
<head>
<script>
	function getClickHandler() {
		return function(info, tab) {
			chrome.tts.speak(info.selectionText);
		};
	};

	var parentId = chrome.contextMenus.create({
		"title" : "テキスト読み上げ",
		"type" : "normal",
		"contexts" : ["selection"],
		"onclick" : getClickHandler()
	});
</script>
</head>
<body>
</body>
</html>

動かしてみる

実際にwebページ上のテキストを選択して、メニューを押下するとテキストの読み上げが始まります。
日本語は対応していないので、日本語を選択しても読み上げてくれません。日本語にも対応する事を期待ですね。

まとめ

テキストの読み上げは

  • マニフェストの"permissions"に"tts"を指定する
  • chrome.tts.speakを使う

で可能になります。