Alteryx で使える Google Drive 入力ツール

2022.02.18

(英文はこちらから)

はじめに:

Alteryx の 2021.4 版で公開された Google Drive 入力ツールを使用することでさまざまなデータ分析が可能になりました。このツールを通常のデザイナーでは含まずに Alteryx Gallery よりダウンロードする必要があります。現時点ではこのツールを使用してドライブに保管中の Google シート、XLSX、CSV と YXDB のファイルを読み込むことが可能です。また、他のユーザーから提供された似たようなファイルも読み込めます。

Google Drive 入力ツールの使い方:

Alteryx Gallery で “Google Drive Tool” を検索すればこのツールのページが現れます。Alteryx コミュニティ登録済みの方は .yxi ファイルとしてこのツールをダウンロードすることが出来ます。

インストール次第、メニューバーの “コネクタ” より確認することができます。ツールの設定ではログインする三つの方法があります。ブラウザ上でログイン、URL 入力してログインもしくは Google Console のカスタム API で “Client ID” と “Client Secret” を事前に作成してログインすることができます。

ブラウザ上でのログインを選んだ際に “Connect” ボタンを押して次に現れる画面の指示に従ってください。サインインするアカウントを選んだら注意画面が現れます。このアプリはまだ Google で確認されてませんがこのまま進んで移動のリンクをクリックします。次は Google アカウントへのアクセスを求めるので “続行” を押せば接続が完了になります。

Google Drive の接続が完了次第、ワークフローへ戻ればツールの設定が変わります。“Data” タブでは好みのフォルダや読み込む用のファイルを指定します。“Options” タブでは他の設定を選べます。例えば:ファイルの形式、エンコードする言語、スキップしたい行、や抽出したい行など。さらに、メタデータに関する 26 個の項目を選んで出力するデータにフィールドを加えることができます。最後に実行すれば適切な結果が現れます。

URL を使用して接続することも可能です。アクセスするための承認手続きは以前と同じです。

接続が確立されるとツールの設定が変わります。“Data” タブで目的のフォルダーや接続するファイルを選べます。“Options” タブではさまざまな詳しい設定を選べます。例えば:ファイルの形式、エンコードする言語、スキップしたい行、データを取得する行数など。さらに、メタデータの三つのフィールドを追加することで出力するデータにそのようなデータを追加することができます。

最後に:

Google Drive の入力ツールを使用することでドライブに保管中のファイルを簡単に読み込むことが可能です。