GitHub側でCircleCIとの連携をRevokeしてしまった際に復旧させる方法

結論:CircleCIにGitHubアカウントで再度サインアップをすれば復旧できます
2020.06.12

こんにちは、CX事業本部の若槻です。

今回は、GitHub側でCircleCIとの連携をRevokeしてしまった際に復旧させる方法を確認したのでご紹介します。

GitHub側でCircleCIとの連携をRevokeしてしまった

GitHubユーザーアカウントとCircleCIの連携の承認の確認や設定は次のURLのページで行えます。

このページで[Revoke access]ボタンをクリックすると、CircleCIとの連携をRevokeできます。 image.png

すると、GitHubアカウントでCircleCIにアクセスしようと https://app.circleci.com/projects などのURLを開いても、以下のように何も選択できないアカウント選択画面が開くようになり、CircleCIにアクセスできなくなってしまいます。 image.png

ユーザーアカウントでGitHubの[Applications] - [Authorized OAuth Apps]メニューを開いても、CircleCIとの連携を復旧させられるメニューはありませんでした。 image.png

今回はこの状態からGitHubユーザーアカウントとCircleCIとの連携を復旧させる方法を確認しました。

連携を復旧させる方法

結論としては、CircleCIにGitHubアカウントで再度サインアップをすれば復旧できます。以下手順となります。

次のURLよりCircleCIのサインアップページを開き、[Sign up with GitHub]をクリック。

image.png

[Authorize circleci]をクリック。 image.png

今度はGitHubのユーザーと所属しているOrganizationのアカウントがちゃんと表示されていますね。サインインしたいアカウントをクリック。 image.png

CircleCIへアクセスできました。連携のRevoke前のユーザーアカウントのプロジェクトのCI履歴もちゃんと復旧できています。 image.png

おわりに

GitHub側でCircleCIとの連携をRevokeしてしまった際に復旧させる方法でした。

両サービスの連携部分を重点的に検証していると、通常の操作ではなかなか起き得ないことが起きたりします。どなたかの参考になれば幸いです。

以上