データアナリティクス事業本部のお仕事紹介

2021.10.14

データアナリティクス事業本部ビジネスソリューション部BIチームのshoです。

BIチームが結成され、3か月が経過しました。
そう、実はBIチームは結成されたばかりのチームなのです。
そこで今回は、私の所属するデータアナリティクス事業本部のお仕事について簡単にご紹介してみたいと思います。

データアナリティクス事業本部とは?

データアナリティクス事業本部とは、その名前の通り「データ分析」の環境構築支援を提供している事業部です。
データの集約から加工、可視化、分析等、ビッグデータを扱う環境構築を支援しています。

「データ活用で企業のビジネスを促進すること」 がわたしたちのミッションとなります。

DX(デジタルトランスフォーメーション)というワードを聞く機会も増えた現在、データ分析はとても大切な領域となっています。

一方で、

データ分析/機械学習分析をしたいけれど、どこから始めれば良いのかわからない
データ分析環境を構築したいけれど、ノウハウがない
データを収集するためのツールを探している
データ分析基盤を構築したのだけれど、運用が難しい   

など、お客様の抱える課題は様々です。

そんなお客様の抱える課題、お悩みを解決するため様々な観点から支援をするのがデータアナリティクス事業本部のお仕事です。

企業がデータ分析をするにあたって重要なことは、データを元に現在の状況を把握し、実行すべきアクションを見出すことができることです。
必要な情報を収集、蓄積し、それを様々な観点から分析することにより、新たな発見や仮説の立証をすることができ、施策を打ち出すことができるのです。

そこで必要となってくるのが、データ分析基盤となります。

なぜデータ分析環境が必要なのか?

クラウド化が進む中、企業では様々なクラウドサービスやアプリケーションを使用しています。
また、社内(オンプレミス)で管理しているデータやファイルもあり、データソースは多岐に亘ります。
従来のデータ分析では、部内で管理しているデータを元に分析することが多かったですが、現在は複数のデータソースを用いて横断的に分析することが重要となっています。
そのため、対象となるデータを一元管理し、蓄積できる環境が必要となってきます。

必要な時に、必要なデータをもとに、データ分析/機械学習分析ができる

このことが大変重要です。

データアナリティクス事業本部では、様々なデータソースからのデータの集積から始まり、データ加工、データ分析基盤、データ集計、データ活用というデータ分析におけるすべてのプロセスにおいて、お客様のニーズにあわせた支援を実施しています。

データアナリティクス事業本部には3つの部で構成されています。

インテグレーション部

データ分析基盤と機械学習基盤の設計・構築・改善提案

ビジネスソリューション部

データ分析基盤の設計・構築・データの可視化

サービスソリューション部

データ分析に関わるサービスの開発・そのサービスの導入及びデータ蓄積の支援

事例やチームのご紹介

実際にデータアナリティクス事業本部で支援してきた事例やチームのお仕事についてもご紹介します。

サービスソリューション部の事例

ビジネスソリューション部の事例

インテグレーション部機械学習チームのご紹介

さいごに

いかがだったでしょうか?
今回は、データアナリティクス事業本部の事業内容についてご紹介しました。

データ分析に課題を抱えているお客様はぜひお問い合わせください。

また、現在データ分析に関わるお仕事がしたい方を絶賛募集中です!!
データ分析のお仕事について興味を持たれた方、もう少し詳しく知りたい!!という方はぜひお問い合わせください。