ちょっと話題の記事

GitHub 専用 URL 短縮サービス「git.io」

2021.08.25

10年前から存在しますが、たまたま見かけて「5へぇ」くらいは出たので敢えて紹介してみたいと思います。

git.io

GitHub 公式の URL 短縮サービスです。

https://git.io/

特徴として、GitHub 専用の URL 短縮サービスです。

GitHub 公式ブログで2011年11月に取り上げられていたので、10年前には存在していたことが確認できます。

ちなみに Twitter が t.co での URL 短縮を全ツイートに適用し始めたのが2011年10月だそうです。時代ですね。

使い方

説明不要とは思いますが、入力欄に https://github.com から始まる GitHub の URL を入力するだけです。

試しに VS Code のリポジトリである

https://github.com/microsoft/vscode

を入力すると以下の URL が生成されました。

https://git.io/v7tPf

短縮 URL サービスにありがちな短縮 URL の末尾に + を付けるとアクセス解析画面が表示されるといった機能はありません。シンプルな短縮 URL サービスとなっています。

API

公式ブログで記載されていた通り API が提供されています。

ブラウザ上ではランダムな URL を生成していましたが、API 経由では短縮 URL の文字列を指定することもできます。

curl -i https://git.io/ -F "url=https://github.com/dafujii" -F "code=dafujii"

HTTP/1.1 201 Created
Server: Cowboy
Connection: keep-alive
Date: Tue, 24 Aug 2021 12:46:40 GMT
Status: 201 Created
Content-Type: text/html;charset=utf-8
Location: https://git.io/dafujii
Content-Length: 26
X-Xss-Protection: 1; mode=block
X-Content-Type-Options: nosniff
X-Frame-Options: SAMEORIGIN
Via: 1.1 vegur

https://github.com/dafujiid

できました。

https://git.io/dafujii

最後に

ちなみに git.io/vscodegit.io/react は割り当て済みで正しいリポジトリにアクセスできるようになっています。

最初にも書いた通り Twitter が全ツイートに短縮 URL を適用するようになって10年経ち、短縮 URL サービスの需要自体は少なくなっていますが、GitHub の URL を貼り付ける際に文字数制限で貼り付けられなかったといったようなことがあれば git.io の存在を思い出してあげてください。

https://git.io/