「iOS Provisioning Portal」が「Certificates, Identifiers & Profiles」に変わりました

こんにちは!おおはしりきたけです。表題の通り「iOS Provisioning Portal」が「Certificates, Identifiers & Profiles」に変わりました。UIも大きく変わったんですが、何が一番変わったかっていうとAppIDの削除ができるようになりました!!これはiOSデベロッパーにとっては大きなニュースだと思います。AppIDにsampleと付けて消せないと知り途方に暮れていた開発者が何人いることでしょう。そんな開発者を今回のリニューアルで救ってくれています。どのようなUIになったか説明していきます。

トップ

iOS Dev Centerへ行くと、今まで「iOS Provisioning Portal」だったところが、「Certificates, Identifiers & Profiles」に変わっています。

ios-top1

この画面は今まではなかったんですが、「iOS Apps」「Mac Apps」「Safari Extensions」という選択画面が出てきます。「iOS App」を選択してみます。

ios-top2

Certificates

証明書の画面です。UIがちょっと変わりましたが、機能的には大きく変更されていないです(多分。。。)

ios-csr1

Identifiers

App IDsの画面です。

ios-csr2

編集画面は今まで通りと変わっていないですね。

ios-appid1

Deleteボタンがあります!!!!これを押せばApp IDsが削除できます。

ios-appid2 ios-appid3

Devices

デバイス画面は一覧にデバイス名称とUDIDのみになり、非常にシンプルになっています。以前のUIはUDIDが全部見れませんでしたが、リニューアル後はUDIDがすべて見れます。

ios-device1

Editボタンを押すとデバイスの名称が変更できます

ios-device2

Provisioning Profiles

Provisioningファイルの一覧画面です。Typeが見られるようになっています。開発用かインハウスかなど一覧からわかるようになりました。

ios-prov1

編集画面は、今まで通り証明書、AppID、デバイスとの関連付けが行えます。

ios-prov2 ios-prov3

最後に

AppIDが削除できるのは本当にうれしい機能追加だと思います。またデバイス画面で以前のUIでは削除したつもりのデバイスがdisable状態で表示されていたりと、変更箇所を全て把握しきれてはいませんが、大きく変更があったことは確かです。正直、Certificates, Identifiers & Profilesという名称変更が一番驚きました。