日本語能力試験(NAT4Q)受験までの流れと学習方法を紹介します

2022.01.25

CX事業本部LINE部のニルです。先日日本語の能力試験、NAT N4を受験したので準備と手順を共有したいと思います。インドでは、日本語を勉強している人の日本語能力を判断する試験として以下の二つが精通しています。JLPTNATです。どちらの試験にも、言語能力を判断するための独自の深い専門知識があります。受験者はそれぞれの好みや職場の要件に基づいて、どちらの試験も受けることができます。

4Qの試験を受験する前

言語をマスターすることは芸術であり、決して簡単なことではありません。いいペースをキープして勉強するには情熱と決意が必要です。基本的に、NAT N4の準備として、約400時間の練習が推奨されます。私は2020年に大学を卒業して間もなく、9月からN5と4Qを合わせて300時間のオンライン日本語トレーニングを受けました。その後、2020年12月にクラスメソッドで仕事を始め、それ以来自由時間に日本語を勉強していました。

NAT 4Qの申し込み手順

私は2021年12月にインドのChennaiという市でNAT-4Qレベルの試験に応募しました。試験のスケジュールについては、以下のWebサイトで利用可能な場所を確認することができます。 希望する試験会場を決めたらその会場を指定して試験を受けたい旨を明記して会場事務局にメールで試験を申し込みます。それからあなたの承諾で個人情報を記入するための書類をいくつか受け取ります。そして試験料金を支払います。試験の1週間前に試験の入場券を受け取ります。 試験の申し込みは以上です。

試験のパターン

試験の焦点は、語彙、文法、漢字認識、読解、聴解です。試験には3つのセクションがあり、試験全体に合格するには、各セクションに少なくとも25%のスコアが必要です。試験の内容と合格基準の詳細については、以下のWebサイトにアクセスしてください。

セクション 1 : ボキャブラリー

このセクションでは、主な焦点は語彙です。問題は、漢字の正しいひらがなの読みを見つけること、またはその逆です。この種の質問は、答えがすでにあるので簡単に思えるかもしれませんが、ストロークのわずかな違いがすべて一緒になって異なる漢字を意味する可能性があるため、同様に注意が必要です。例えば、以下はモデルペーパーからの質問です。

Kanji Question 次に、空白を埋めるタイプの質問があります。 したがって、言葉の意味は重要です。これに加えて、質問の文を解釈し、同様の意味を持つオプションを選択するように求める質問があります。

セクション 2 : 聞き取り

このセクションでは、リスニングスキルに焦点を当てます。 会話と聴解に基づいた質問があります。 NATはJLPTと同じパターンに従うので、速度とイントネーションについていくためにオンラインリソースを参照してください。私が使用したリソースについては、以下の「リソース」セクションをお読みください.

セクション 3 : 文法と読解

このセクションでは、文法と読解力に焦点を当てます。 これには、長くて主題的な理解に基づく質問が含まれます。 文法能力をテストするために、空白を埋めるなどの質問があります。NATのセクションと型紙についてより良いアイデアを得るには、このリンクを確認してください. そして このリンクにあるサンプルのJLPTペーパーを参照してください。

NATN4の準備

正直なところ、すべての文法概念を理解するには、多くの復習が必要です。すべてのトピックの定期的な復習または定期的な口頭での使用は、最終的には言語で自分自身をよりよく表現するのに役立ちます。日本語には、ひらがな、カタカナ、漢字の3つのスクリプトがあります。 試験の観点からは、3つすべてが重要です。

私は試験日の約1ヶ月前に試験を予約しました。この試験日に合わせて学習することでより良い結果が得られたと思います。次の画像は私の準備スケジュールです.大まかに準備時間を測れるように共有したいと思います。私の時間割は初めての学習者には役立ちませんが、中級者には適しています。

使用されるリソースとアプリケーション

ボキャブラリー

私の語彙学習プロセスは単純です. みんなの日本語の本から文法を学びながら、あるいは新しい単語に出会ったときは、意味を分けて書き、定期的に復習しています。 特に、N4の単語をリストする必要がある場合は、以下のリンクを参照してください。

  • https://www.jlptstudy.net/N4/?vocab-list
  • さらに、以下のアプリケーションを使用して単語を学習しました。

  • https://www.duolingo.com/learn
  • 文法

    私の研修所は、N5とN4の研修でみんなの日本語シリーズを踏襲していたので、同じ本を使って復習しました。 しかし、文法のためにオンラインで利用できる他の多くのリソースがあります。 どのリソースよりも、文法の使い方を正しく理解することが重要だと思います。 以下は、YouTubeでのN5およびN4レッスンの完全な「みんなの日本語」シリーズです。

  • https://www.youtube.com/watch?v=gi2AeYO-g8E&list=PLag_mhJfCJ-18WyYoklCPxIpYbeRgmWLJ
  • 漢字

    漢字は試験で重要です。 それを書く方法を知る必要はありませんが、それを認識して読むことができる必要があります。 以下のアプリケーションは、私が定期的に漢字を練習するのに役立ちました。

  • https://www.tuttlepublishing.com/japanese-kanji-for-beginners-audio-pdfs-online-software
  • https://www.wanikani.com/dashboard
  • https://hire39.com/origin-of-kanji
  • 聞き取り

    NATからの参考はあまりないので、YouTubeで入手できるJLPTリスニングシリーズを使用しました。 NATも同様のパターンに従い、問題ないはずです。 以下は私が参照したリンクです。

  • https://soundcloud.com/user-749815849/sets/minna-no-nihongo-ii-26-50
  • https://www.youtube.com/watch?v=shMezSrVfig
  • https://www.youtube.com/watch?v=1WSp9fTezeA
  • テストとサンプルペーパーのリンク

    進捗状況をテストすることが重要です。 以下は、語彙、文法、漢字の進歩をテストするためのリンクです。 モックペーパーも付属しているので、パターンを理解するためにチェックしてください.

  • https://sethclydesdale.github.io/genki-study-resources/
  • http://www.studykanji.net/kanjiquiz/chrome
  • https://japanesetest4you.com/category/jlpt-n4/
  • https://www.jlpt.jp/e/samples/sample09.html
  • ヒントとコツ

    より良い結果を得るために、私は私のヒントを共有したいと思います:

  • 教科書の内容を学ぶよりもたまに問題例集とか、いろんなサイトからNATやJLPTの練習問題用紙とかを解く方がもっと役に立ちます。
  • 語彙を学びながら、それぞれの文章を作って見てください。その方が覚えやすいです。
  • 漢字を覚えるために絵の表現を使うことは助けになります。
  • 試験や今の時代では、どこにでもあまり漢字を書く必要はありませんが、各ストロークを覚えるのは難しいと思います。ストロークの小さな変化は、別の漢字を意味する場合があります。漢字の部首を理解するまでの最初の数日間に漢字を練習すると、さらに漢字を簡単に区別するのに役立ちます。
  • 勉強し、日本語で会話できる友達と話し合うことで、勉強する動機付けになります。 また、話し合いながらさらに学ぶことになります。