話題の記事

もう YouTube の英語セッションも怖くない!日本語 & 英語の字幕を同時表示できる Chrome 拡張機能 『Language Learning with Youtube BETA』 が便利

YouTube の字幕機能、文字起こし機能をパワーアップさせて英語の動画視聴を快適なものにしてくれる Chrome 拡張機能 LLY のご紹介です。

コンバンハ、千葉(幸)です。

YouTube で英語の動画を見る際には、字幕機能と文字起こし機能が大変便利です。標準で備わっているこれらの機能を活用することで、概ね問題なく英語のセッションを視聴することができます。

とはいえ、さらに便利なものが世の中には用意されていました。 Chrome 拡張機能の LLY ( Language Learning with Youtube ) BETA です。

どんな感触なのかご紹介していきます。

目次

YouTube の字幕機能と文字起こし機能

ツールの確認の前に、まずは標準機能でどういったことができるかを押さえておきましょう。

以下のイメージです。

字幕と文字起こし、これだけでもだいぶ助かりますね。

LLY を使うと何が嬉しいのか

こちらからインストールが可能です。

インストールした状態で YouTube を視聴するとどのようになるかを見ていきましょう。

字幕がリッチになる

元々 YouTube が表示してくれる字幕に加えて、指定した言語による翻訳内容を同時に表示してくれます。以下全て日本語に翻訳する前提で記していきます。

英語字幕の単語にカーソルを合わせると、単語の意味を表示してくれます。

単語をクリックすると、単語を読み上げてくれる他、詳細な内容を表示してくれます。各種 Web 辞書へのリンクも含まれているため、そこから詳細を確認することもできます。

文字起こしがリッチになる

元々の文字起こしより見やすい形で表示してくれるようになります。LLY を使った後だと、標準の文字起こしは1行あたりの文字数が少なくてちょっと見づらい……という感覚になります。

文字起こしにおいて単語にカーソルを合わせると、単語が含まれる文章の日本語訳と、単語の意味が表示されます。字幕の場合と同様に、単語をクリックすると詳細が表示されます。

さらに嬉しいのは、文字起こし結果を簡単にプリントできる点です。以下のアイコンをクリックすると……

このように別タブでテキストで表示されます。テキストファイルで保存して、 Chrome で開くことで一気に日本語化ということもできます。

他にもいろいろ嬉しい

いろいろと細かい機能も搭載されています。例えば以下のように1行の字幕をひとまとまりとして、再生をコントロールできます。

ショートカットに対応していたり、動作をカスタマイズすることもできます。

正直自分は字幕と文字起こし機能で十分満足してしまったため他の機能はあまり触れていないのですが、果たしてどのような使い方ができるのか?この続きは……君の目で確かめてくれ!

LLN - Instructions

終わりに

直近ですと、以下の発表を行うために AWS re:Invent の動画を数多く見ていました。

ちょうどこのあたりのインプットが終わったあたりで LLY を知りました。こんな便利なものがあればインプットの効率が上げられたのに……!と思いつつ、それもまた人生だと思うに至りました。

ぜひ皆さんは初めから最短距離で効率的に学習いただければと思います。 LLY をご活用ください。

Language Learning with Youtube BETA - Chrome ウェブストア

以上、千葉(幸)がお送りしました。