最新「m6i」インスタンスが東京リージョンで利用可能になりました

第3世代 Xeon Scalable Processors (Cooper Lake) を搭載する m6iインスタンス。 東京リージョンでも先行リリースされていたリージョンから一週間遅れで利用可能になりました。
2021.08.24

AWSチームのすずきです。

2021年8月24日、東京リージョンで最新世代の Xeon CPUを搭載した m6iインスタンスの利用が可能になりましたので、紹介させていただきます。

インスタンスタイプ情報

東京リージョンで利用可能な「m6i」のインスタンスファミリーを確認可能になりました。

2021年8月時点「m6i」インスタンスが利用できるアベイアビリティゾーン(AZ)は2つでした。

  • ap-northeast-1a (apne1-az4)
  • ap-northeast-1d (apne1-az2)

cpuinfo

搭載CPUは「Intel(R) Xeon(R) Platinum 8375C CPU @ 2.90GHz」、オレゴンリージョンで起動したm6iインスタンスと同一型番でした。

sh-4.2$ cat /proc/cpuinfo
processor       : 0
vendor_id       : GenuineIntel
cpu family      : 6
model           : 106
model name      : Intel(R) Xeon(R) Platinum 8375C CPU @ 2.90GHz
stepping        : 6
microcode       : 0xd0002b1
cpu MHz         : 3510.862
cache size      : 55296 KB
physical id     : 0
siblings        : 2
core id         : 0
cpu cores       : 1
apicid          : 0
initial apicid  : 0
fpu             : yes
fpu_exception   : yes
cpuid level     : 27
wp              : yes
flags           : fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush mmx fxsr sse sse2 ss ht syscall nx pdpe1gb rdtscp lm constant_tscrep_good nopl xtopology nonstop_tsc cpuid aperfmperf tsc_known_freq pni pclmulqdq ssse3 fma cx16 pcid sse4_1 sse4_2 x2apic movbe popcnt tsc_deadline_timer aes xsave avx f16c rdrand hypervisor lahf_lm abm 3dnowprefetch invpcid_single ssbd ibrs ibpb stibp ibrs_enhanced fsgsbase tsc_adjust bmi1 avx2 smep bmi2 erms invpcid avx512f avx512dq rdseed adx smap avx512ifma clflushopt clwb avx512cd sha_ni avx512bw avx512vl xsaveopt xsavec xgetbv1 xsaves ida arat avx512vbmi pku ospke avx512_vbmi2 gfni vaes vpclmulqdq avx512_vnni avx512_bitalg avx512_vpopcntdq rdpid md_clear flush_l1d arch_capabilities
bugs            : spectre_v1 spectre_v2 spec_store_bypass swapgs
bogomips        : 5799.92
clflush size    : 64
cache_alignment : 64
address sizes   : 46 bits physical, 48 bits virtual
power management:

まとめ

最新世代のCPUを搭載する「m6i」インスタンス、先行リージョンから一週間遅れで東京リージョンで利用可能になりました。

「m6i」インスタンス、CPUコアの改良だけでなく、EBSやメモリ帯域の強化などにより、 前世代の「m5」の同等スペックのインスタンスと比較して15%良好なコストパフォーマンスで利用できるとされています。

新規構築やリプレイスなどの機会がある場合の評価や、 複数のインスタンスタイプを組み合わせたオートスケール環境などがあれば、ぜひ最新世代の「m6i」の性能をお試しください。