M7g (汎用), R7g(メモリ最適化) AWS Graviton 3を搭載する新しいEC2インスタンスがリリースされました

M7g (汎用), R7g(メモリ最適化) AWS Graviton 3を搭載する新しいEC2インスタンスがリリースされました

最新世代のGraviton3を搭載する汎用インスタンス(M7g)と、メモリ最適化インスタンス(R7g)が利用可能になりました。
Clock Icon2023.02.14 11:05

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

2023年2月14日、 「Graviton3」 AWSが開発する Armプロセッサーを搭載した 最新世代のEC2インスタンスが

米国東部 (バージニア北部)、米国東部 (オハイオ)、米国西部 (オレゴン)、および欧州 (アイルランド) リージョンで利用可能になりました。

今回、新しい汎用インスタンスの「M7g」、メモリ最適化インスタンスの「R7g」を試す機会がありましたので、紹介します。

EC2

オレゴン(us-west-2)リージョンで、AmazonLinux2 のAMIを利用しました。

今回リリースされた 「m7g.medium」 「r7g.medium」 と、 従来から利用可能だった 「c7g.medium」 の EC2インスタンスを起動しました。

dmesg

sh-4.2$ dmesg
[    0.000000] Booting Linux on physical CPU 0x0
[    0.000000] Linux version 4.14.294-220.533.amzn2.aarch64 (mockbuild@ip-10-0-52-76) (gcc version 7.3.1 20180712 (Red Hat 7.3.1-15) (GCC)) #1 SMP Thu Sep 29 01:01:24 UTC 2022
[    0.000000] Boot CPU: AArch64 Processor [411fd401]
[    0.000000] efi: Getting EFI parameters from FDT:
[    0.000000] efi: EFI v2.70 by EDK II
[    0.000000] efi:  SMBIOS=0x7bed0000  SMBIOS 3.0=0x7beb0000  ACPI=0x786e0000  ACPI 2.0=0x786e0014  MEMATTR=0x7a771018  RNG=0x7bfdef98  MEMRESERVE=0x78510e98
(略)
[    0.000000] percpu: Embedded 25 pages/cpu s61464 r8192 d32744 u102400
[    0.000000] pcpu-alloc: s61464 r8192 d32744 u102400 alloc=25*4096
[    0.000000] pcpu-alloc: [0] 0
[    0.000000] Detected PIPT I-cache on CPU0
[    0.000000] CPU features: enabling workaround for Spectre-BHB
[    0.000000] CPU features: detected: Speculative Store Bypassing Safe (SSBS)
[    0.000000] Fallback order for Node 0: 0
[    0.000000] Built 1 zonelists, mobility grouping on.  Total pages: 1008000
[    0.000000] Policy zone: Normal
[    0.000000] Kernel command line: BOOT_IMAGE=/boot/vmlinuz-4.14.294-220.533.amzn2.aarch64 root=UUID=346db3cb-a260-49e2-be3a-c2a0369f15a5 ro console=tty0 console=ttyS0,115200n8 net.ifnames=0 biosdevname=0 nvme_core.io_timeout=4294967295 rd.emergency=poweroff rd.shell=0 swiotlb=1
[    0.000000] PID hash table entries: 4096 (order: 3, 32768 bytes)
[    0.000000] software IO TLB: mapped [mem 0x7bbc0000-0x7bc00000] (0MB)
[    0.000000] Memory: 3924192K/4096000K available (9852K kernel code, 2010K rwdata, 3452K rodata, 1216K init, 9181K bss, 106272K reserved, 65536K cma-reserved)
(略)
[    0.001436] smp: Bringing up secondary CPUs ...
[    0.001437] smp: Brought up 1 node, 1 CPU
[    0.001439] SMP: Total of 1 processors activated.
[    0.001441] CPU features: detected: GIC system register CPU interface
[    0.001442] CPU features: detected: Privileged Access Never
[    0.001444] CPU features: detected: LSE atomic instructions
[    0.001445] CPU features: detected: User Access Override
[    0.001446] CPU features: detected: 32-bit EL0 Support
[    0.001447] CPU features: detected: Random Number Generator
[    0.005321] CPU: All CPU(s) started at EL1
[    0.005324] alternatives: patching kernel code
[    0.006419] devtmpfs: initialized
[    0.006524] Registered cp15_barrier emulation handler
[    0.006528] Registered setend emulation handler
[    0.006550] clocksource: jiffies: mask: 0xffffffff max_cycles: 0xffffffff, max_idle_ns: 19112604462750000 ns
[    0.006554] futex hash table entries: 256 (order: 3, 32768 bytes)
[    0.006731] pinctrl core: initialized pinctrl subsystem
[    0.006763] SMBIOS 3.0.0 present.
[    0.006766] DMI: Amazon EC2 m7g.medium/, BIOS 1.0 11/1/2018

メモリ容量以外の情報は共通でした。

m7g.medium

[    0.000000] Memory: 3924192K/4096000K available (9852K kernel code, 2010K rwdata, 3452K rodata, 1216K init, 9181K bss, 106272K reserved, 65536K cma-reserved)
[    0.006766] DMI: Amazon EC2 m7g.medium/, BIOS 1.0 11/1/2018

r7g.medium

sh-4.2$ dmesg
[    0.000000] Memory: 7987424K/8224768K available (9852K kernel code, 2010K rwdata, 3452K rodata, 1216K init, 9181K bss, 171808K reserved, 65536K cma-reserved)
[    0.007276] DMI: Amazon EC2 r7g.medium/, BIOS 1.0 11/1/2018

c7g.medium

sh-4.2$ dmesg
[    0.000000] Memory: 1892576K/2031616K available (9852K kernel code, 2010K rwdata, 3452K rodata, 1216K init, 9181K bss, 73504K reserved, 65536K cma-reserved)
[    0.006535] DMI: Amazon EC2 c7g.medium/, BIOS 1.0 11/1/2018

lscpu

CPUの詳細情報は m7g, r7g, c7g で共通でした。

sh-4.2$ lscpu
Architecture:        aarch64
Byte Order:          Little Endian
CPU(s):              1
On-line CPU(s) list: 0
Thread(s) per core:  1
Core(s) per socket:  1
Socket(s):           1
NUMA node(s):        1
Model:               1
BogoMIPS:            2100.00
L1d cache:           64K
L1i cache:           64K
L2 cache:            1024K
L3 cache:            32768K
NUMA node0 CPU(s):   0
Flags:               fp asimd evtstrm aes pmull sha1 sha2 crc32 atomics fphp asimdhp cpuid asimdrdm jscvt fcma lrcpc dcpop sha3 sm3 sm4 asimddp sha512 asimdfhm dit uscat ilrcpc flagm ssbs rng

Instance Types情報

  • vCPU数: 1 の 「medium」から、vCPU数: 64の 「16xlarge」 、「metal」 が利用可能です。
  • 最大ネットワークパフォーマンス、「m7g」「r7g」」「c7g」で共通でした。

M7g

  • メモリ (GiB) : 4 ~ 256GiB

R7g

  • メモリ (GiB) : 8 ~ 512GiB

C7g

  • メモリ (GiB) : 2 ~ 128GiB

まとめ

最新世代の「Graviton3」プロセッサー、前世代の「Graviton2」と比較して、若干高いオンデマンド価格設定となりますが、大幅な性能改善が期待できます。

  • メモリ帯域: 50%
  • コンピュート性能 最大25%
  • 浮動小数点計算: 最大200%弱
  • 暗号計算性能: 最大200%
  • 機械学習性能: 最大300%

New Graviton3-Based General Purpose (m7g) and Memory-Optimized (r7g) Amazon EC2 Instances

今回、汎用(m7g)、メモリ最適化(r7g)がリリースされ、より幅広いワークロードでの利用がしやすくなりました。

Armインスタンスで動作可能なワークロードがあれば、「Graviton3」が提供されているリージョンでその性能をお試しください。

この記事をシェアする

facebook logohatena logotwitter logo

© Classmethod, Inc. All rights reserved.