Parsec error 14003(画面真っ黒)を解決しました(他の遠隔操作、画面中継ソフトにも通用するはず)

Windowsマシンの遠隔操作画面真っ黒の問題を解決する方法。

概要

起動されたWindowsマシン(EC2のようなVirtual Machineも)、モニターを閉じる・モニターなしの場合、もしくはRDP(Microsoft Remote Desktop)が断切する場合は、マシンの画面描画がしなくなります。
この原因で、Parsecのような遠隔操作ソフトウェアを使う際、RDPを起動しないと(RDPを起動することでマシン負荷にも相当かかる)、画面が真っ黒になったり、error 14003が出たりすることがあって、公式の解決案を見てみると、すぐ簡単に使えそうな方法はありませんでした。

もっと調べたらParsec Cloudゲーミング関連説明には、Steamに載せられたGuide: Unlock a Windows host screen using Remote Desktop & a simple script.にあるScriptを使うことで、RDPを起動せず、Parsec Host画面真っ黒(error 14003)の問題を解決できました。

手順

RDP(Microsoft Remote Desktop)で遠隔操作します。

@powershell -NoProfile -ExecutionPolicy unrestricted -Command "$sessionid=((quser $env:USERNAME | select -Skip 1) -split '\s+')[2]; tscon $sessionid /dest:console" 2> UnlockErrors.log

Desktopにunlockscreen.txtというファイルを作って、上記のコマンドをunlockscreen.txtにコピーします。

unlockscreen.txtの拡張子をcmdに変更し、unlockscreen.cmdになります。

unlockscreen.cmdをダブルクリックしたら、RDPが勝手に切断されます。

これでParsec Hostに接続して、画面真っ黒(error 14003)にならないようになります。

以上です。