Alteryx Gallery で pcxml ファイルを使用してレポートを出力する

2021.01.29

(For English, click here)

はじめに:

Alteryx では、pcxml ファイルが Composer ファイルと呼ばれており報 Alteryx が使用する独自の言語が含まれています。これは告目的でレポートを作成する際に活用されます。Alteryx は出力をレポートするために pcxml ファイルを読み込んでレンダリングできます。この方法を活かして出力するファイル型を指定することが出来ます。

pcxml (Composer) ファイルは Alteryx Gallery で保存することで出力するレポートの出力ファイル型が選べれるようになります。ユーザーの好みで出力するファイルが xlsx, pdf, docx, zip, や html 型から選択できます。

方法:

複数のツールでは pcxml ファイルを扱うことが出来ます。例えば:レンダリングツール、 レポートテキストツール、レイアウトツール、ビジュアルレイアウトツール、マップ凡例ビルダーツール、マップ凡例スプリッターツール、Allocate レポートツール、など。この記事ではレンダリングツールを使って説明します。

以下のようにレポートを作成します。

レンダリングの設定を編集して出力モードを ”特定の出力ファイルを選択” を選びます。ワークフローを Gallery で実行する為に出力ファイルが必要になるので、出力ファイルを pcxml として保存します。

Alteryx Gallery 上でワークフローをアップグレードしたら出力ファイルの保存先のパスが外部のパスに変更します。これは通常です。

“_externals\Results.pcxml”

最後に、レポートデータの設定では目的のデータフィールドを選びます。このフィールドは目的のレポートのテーブルになります。

このワークフローが完成したもので、Alteryx Gallery でアップグレードします。ワークフローを実行するユーザーがこのレポートをダウンロードする際に好みな出力ファイルを選ぶことが出来ます。例:xlsx, pdf, docs, zip, や html

まとめ:

Alteryx Gallery では pcxml フォーマットを活用して、出力するレポートの様々なファイル型を作成することが出来ます。

Alteryxの導入なら、クラスメソッドにおまかせください

日本初のAlteryxビジネスパートナーであるクラスメソッドが、Alteryxの導入から活用方法までサポートします。14日間の無料トライアルも実施中ですので、お気軽にご相談ください。

alteryx_960x400