Google ストリートビューマップで現れるものをぼかし化する方法

2022.03.07

(英文はこちらから)

はじめに:

Google マップはナビゲーションの便利さおよびユーザーフレンドリーの特徴で世界的に人気になっています。特定の地域ではストリートビューも利用可能です。ほとんどのユーザーはストリートビューを使用して満足してるかもしれないのですが、プライバシー保護の重大な理由で不安の声もあるでしょう。この記事では、プライバシー保護を守る為にストリートビューで現れる目的とするもの(ビル、自動車、ナンバープレート、人の顔、など)をぼかし化する方法を説明します。

方法:

まずは Google マップでは目的とする場所をストリートビューで表示させます。今回の説明をするためにビニールハウスを事例とします。

画面の右下部分に現れる “問題の報告” リンクをクリックします。

次に現れる画面では問題となる内容の詳細を記入します。“画像のプレビュー” 項目で目的とする場所を赤い四角の中に含むように調整します。そのためにプレビューマップを拡大したり、縮小することが可能です。“ぼかしのリクエスト” では具体的な理由も記入します。Google 社より連絡が来るので連絡先のメールアドレスも必要です。

対象とするものがぼかしに適用さればずっとそのまま残り変更が不可になります。ご注意ください。以下のような結果が予想できます。

最後に:

プライバシー保護のために Google ストリートビューで現れるものをぼかせることが可能です。一度ぼやけるとその内容はそのまま残って再び編集することが出来ません。