[アップデート]CognitoのAPIに対して、高頻度なリクエストをサポートするプロビジョニングキャパシティが利用可能になりました!

[アップデート]CognitoのAPIに対して、高頻度なリクエストをサポートするプロビジョニングキャパシティが利用可能になりました!

Clock Icon2024.02.13

2024/01/25に、CognitoのAPIに対して、高頻度なリクエストをサポートするプロビジョニングキャパシティが利用可能になりました。

この機能を利用することで、Cognitoが提供する次の9つのカテゴリのAPIでデフォルトよりも高いリクエストレートを実現できます。プロビジョニングキャパシティは、希望するリクエストレート(RPS)の増分と期間に基づいて課金されます。

  • User Authentication
  • User Creation
  • User Federation
  • User Read
  • User Resource Read
  • User Token
  • User Resource Update
  • User Update
  • User Account Recovery

料金

※2024/02/13時点の情報です

ざっくり言うと、1か月間、1RPS(Request Per Second)を増やそうとすると 20USD かかります。

一部期間で、1RPS増やそうとすると、日割りで 45USD かかります。

(例:30日の月で7日間、1RPSの増加を希望する場合、10.5USD (= 7/30 * 45USD)かかります。)

詳しくはCognitoの料金ページをご確認ください。

今までどうだったか

今までも一部カテゴリのAPIについては、MAUに応じてデフォルトクォータ引き上げの対象となっていました。

ただし、クォータ引き上げの対象となるためには、次の通り各カテゴリごとに指定されたある程度のMAU(Monthly Active User)の実績が必要でした。

APIカテゴリ名 デフォルトクォータの調整可能か? クォータ引き上げの対象
User Authentication はい 100 万 MAU を追加するごとに 40 RPS
User Creation はい 100 万 MAU を追加するごとに 10 RPS
User Federation はい 100 万 MAU を追加するごとに 10 RPS
User Read はい 100 万 MAU を追加するごとに 40 RPS
User Resource Read はい 100 万 MAU を追加するごとに 20 RPS
User Token はい 100 万 MAU を追加するごとに 40 RPS
User Resource Update いいえ -
User Update いいえ -
User Account Recovery いいえ -

これからどうなるのか

今回のアップデートで、有償ではありますが、MAUに限らずデフォルトクォータの引き上げが可能になりました。 これにより、現状のMAUが少なくてもユーザーの急激な増加が見込まれる場合などに、あらかじめクォータを引き上げておくことが可能になります。

今までデフォルトクォータの引き上げができなかったこれらのカテゴリのAPIに対しても、クォータを引き上げる選択肢ができました。

おわりに

CognitoのAPIに対して、高頻度なリクエストをサポートされるようになったことで、ユーザーの急激な増加などにも対応しやすくなりました。

デフォルトクォータ引き上げの依頼は、次のブログのようにAWS Service Quoatsを利用するか、またはAWSサポートにご連絡ください。

この記事をシェアする

facebook logohatena logotwitter logo

© Classmethod, Inc. All rights reserved.