「ダッシュボードもコード管理!Amazon QuickSightで考えるBIOps」というタイトルで DevelopersIO 2023 大阪に登壇しました! #devio2023

「ダッシュボードもコード管理!Amazon QuickSightで考えるBIOps」というタイトルで DevelopersIO 2023 大阪に登壇しました! #devio2023

Clock Icon2023.07.25

データアナリティクス事業分部インテグレーション部コンサルティングチーム・新納(にいの)です。

2023/7/19に梅田スカイビルにてDevelopersIO2023大阪が開催されました。技術セッションあり質問ブースありカレーあり(!)のイベントで、多数のお客様にお越しいただけました。ご来場いただいた方に感謝申し上げます。

私はライブセッションにて表題の通りの登壇をしましたので、資料を公開いたします。

セッション内容

年々進化を遂げるAmazon QuickSight。コード管理もできるようになったのをご存知ですか?いろんなことができるようになったQuickSightをテーマに、AWSにおけるBIの運用について考えててみましょう。

資料

まとめ

他のBIツールと比べて安価に使える一面に注目されがちだったQuickSightですが、AWSのマネージドサービスらしくサービス間の連携が充実し、ついにコード管理までできるようになりました。Amazon AthenaやAmazon Redshiftなどといったデータソースだけでなく、CodeCommitなどの周辺AWSサービスと一緒にまとめてIaC化できるのも魅力的です。

QuickSightのアップデート頻度はとても高いので、今後コード管理周りが進化してより使いやすくなっていくことに期待です!

参考

この記事をシェアする

facebook logohatena logotwitter logo

© Classmethod, Inc. All rights reserved.