[小ネタ]Rancher Desktopで立ち上がるVMをCLIで起動や接続・操作する方法

2022.11.26
  • t_o_dと申します。
  • Docker Desktopの代替としてRancher Desktopを利用しています。
  • 今回はCLIでRancher DesktopのVMの立ち上げや接続、コマンドの実行等をする方法を記録いたします。

環境

  • mac OS Ventura 13.0
  • Rancher Desktop 1.6.2

操作

  • Rancher DesktopをCLIで操作するにはrdctlコマンドを利用します。
    • ※Rancher Desktopをインストールすれば同梱されています。
    • ※他にもkubectlnerdctl等もついています。

立ち上げ

  • 以下のコマンドでRancher Desktopを立ち上げ(VMの起動)ることが可能です。
# 起動
$ rdctl start

# Dockerコマンドが利用できるか確認
$ docker version

# 終了する際には「rdctl shutdown」コマンドをうちます。

接続

  • 以下のコマンドで立ち上がったVMにsshで接続することが可能です。
# 接続
$ rdctl shell

lima-rancher-desktop:$HOME/***$
  • 接続後、「lima-rancher-desktop」という名前で入っているのを確認します。
    • ※内部的にlimaを利用していることが分かります。
  • 接続した状態で以下のコマンドをうち、VM内の情報を確認します。
# ログインユーザーの確認
$ whoami

lima

# シェルの確認
# デフォルトではashを利用していることが分かる。
echo $SHELL

/bin/ash
  • 抜ける時はexitコマンドを利用します。

コマンド実行

  • 抜けた状態で立ち上げたVMに対してコマンドを実行する際には以下のようにします。
# 形式 : rdctl shell コマンド
rdctl shell cat /etc/issue

# 複数コマンド
rdctl shell sh -c 'cd $HOME; pwd'
  • ここまでで問題なければ以上です。

まとめ

  • Desktop系のツールは大抵CLIツールが提供されており、コマンドで諸々操作したい人にとっては非常に便利です。
  • 現時点ではrdctlの機能はそこまで豊富ではありませんが、必要に応じて利用していきたいと感じました。

参考

アノテーション株式会社について

アノテーション株式会社は、クラスメソッド社のグループ企業として「オペレーション・エクセレンス」を担える企業を目指してチャレンジを続けています。「らしく働く、らしく生きる」のスローガンを掲げ、様々な背景をもつ多様なメンバーが自由度の高い働き方を通してお客様へサービスを提供し続けてきました。現在当社では一緒に会社を盛り上げていただけるメンバーを募集中です。少しでもご興味あれば、アノテーション株式会社WEBサイトをご覧ください。