【新機能】Amazon RDS for SQL ServerがMicrosoft SQL Server 2016をサポートしました

はじめに

今日の新機能ご紹介はこちらです。

2016年6月にリリースされたMicrosoft SQL Server 2016Amazon RDSで使えるようになりました。サンパウロ以外の全てのリージョンでリリースされており、Express、Web、Standard、Enterpriseの全てのEditionが使えます。

SQL Server 2016の新しい機能のうち、以下の機能がサポートされています。

  • Query store
  • Operational Analytics
  • Temporal tables
  • Always encrypted
  • JSON support

以下の新機能はサポートされていないので注意が必要です。

  • Stretch database
  • PolyBase
  • Backing up to Microsoft Azure Blob Storage

やってみた

RDS for SQL ServerをLaunchする時に、DB Engine Versionで「v13.00.2164.0.v1」を選択します。これがSQL Server 2016です。なお、今回はExpress Editionを選択しています。

RDS_·_AWS_Console

起動したので接続確認してみました。EC2(Amazon Linux)で、接続確認用にfreetdsをインストールします。

$ sudo yum install freetds

EC2からRDSインスタンスに1433/tcpで接続できるように、RDSインスタンスのセキュリティグループを設定しておきます。tsqlコマンドでRDSインスタンスに接続します。

$ tsql -H '<INSTANCE_NAME>.xxxxxxxx.ap-northeast-1.rds.amazonaws.com' -p 1433 -U 'dbadmin'
Password:<PASSWORD>
locale is "ja_JP.UTF-8"
locale charset is "UTF-8"
using default charset "UTF-8"

バージョンを確認してみます。

1> use master
2> go
1> select @@version
2> go

Microsoft SQL Server 2016 (RTM-CU2) (KB3182270) - 13.0.2164.0 (X64)
	Sep  9 2016 20:13:26
	Copyright (c) Microsoft Corporation
	Express Edition (64-bit) on Windows Server 2012 R2 Standard 6.3 <X64> (Build 9600: ) (Hypervisor)

(1 row affected)
1> quit

ということで、Microsoft SQL Server 2016をRDS for Microsoft SQL Serverで起動できました!

さいごに

全てのデータを常時暗号化するAlways Encryptedがサポートされていますので、今まで以上にセキュアにデータを格納することが出来ます。今後利用シーンが増えていくのではないでしょうか。