[AWS] 100Gbpsのネットワーク帯域をもつ新インスタンス c5n.18xlargeを起動してみた #reinvent

2018.11.29

こんにちは、菊池です。

Monday Night Live の新発表、すごかったですね。その中で、早速触れる新機能である、新しいインスタンスタイプc5n.18xlargeを起動してみました。

【新サービス】EC2の新インスタンスタイプ「C5n」がリリースされました! #reinvent

こちらの記事では、速報ということで概要のみお伝えしていますので、本記事ではそのインスタンスを起動してみたいと思います。

起動する

早速起動してみます。リージョンはバージニアを選択。バージニアでは、c5n.18xlargeは$3.888/時間のオンデマンド利用料となります。

起動できました。ちなみに、OSはAmazon Linux 2 です。

それでは中の情報を参照してみます。

dmidecode System Information

まずはシステムの情報です。既存のNitroインスタンスと同様で、ManufacturerがAmazon EC2です。

Handle 0x0001, DMI type 1, 27 bytes
System Information
	Manufacturer: Amazon EC2
	Product Name: c5n.18xlarge
	Version: Not Specified
	Serial Number: ec2038bb-2286-bb98-5172-984cbd1e6e62
	UUID: EC2038BB-2286-BB98-5172-984CBD1E6E62
	Wake-up Type: Power Switch
	SKU Number: Not Specified
	Family: Not Specified

CPU情報

CPUは Intel(R) Xeon(R) Platinum 8124M CPU @ 3.00GHz の36 HT Core(72論理コア)です。こちらも既存のC5と同様です。

processor	: 0
vendor_id	: GenuineIntel
cpu family	: 6
model		: 85
model name	: Intel(R) Xeon(R) Platinum 8124M CPU @ 3.00GHz
stepping	: 4
microcode	: 0x2000049
cpu MHz		: 1247.630
cache size	: 25344 KB
physical id	: 0
siblings	: 36
core id		: 0
cpu cores	: 18
apicid		: 0
initial apicid	: 0
fpu		: yes
fpu_exception	: yes
cpuid level	: 13
wp		: yes
flags		: fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush mmx fxsr sse sse2 ss ht syscall nx pdpe1gb rdtsc
p lm constant_tsc arch_perfmon rep_good nopl xtopology nonstop_tsc cpuid aperfmperf tsc_known_freq pni pclmulqdq monitor ssse3 fma cx16 pcid sse4_
1 sse4_2 x2apic movbe popcnt tsc_deadline_timer aes xsave avx f16c rdrand hypervisor lahf_lm abm 3dnowprefetch invpcid_single pti fsgsbase tsc_adj
ust bmi1 hle avx2 smep bmi2 erms invpcid rtm mpx avx512f avx512dq rdseed adx smap clflushopt clwb avx512cd avx512bw avx512vl xsaveopt xsavec xgetb
v1 xsaves ida arat pku ospke
bugs		: cpu_meltdown spectre_v1 spectre_v2 spec_store_bypass l1tf
bogomips	: 6000.00
clflush size	: 64
cache_alignment	: 64
address sizes	: 46 bits physical, 48 bits virtual
power management:

メモリ情報

193694504 kBのメモリが利用可能です。

$ cat /proc/meminfo
MemTotal:       193694504 kB
MemFree:        192816568 kB
MemAvailable:   192095824 kB
Buffers:            2088 kB
Cached:           235776 kB
SwapCached:            0 kB
Active:           128128 kB
Inactive:         132056 kB
Active(anon):      22608 kB
Inactive(anon):      512 kB
Active(file):     105520 kB
Inactive(file):   131544 kB
Unevictable:           0 kB
Mlocked:               0 kB
SwapTotal:             0 kB
SwapFree:              0 kB
Dirty:               108 kB
Writeback:             0 kB
AnonPages:         22612 kB
Mapped:            35272 kB
Shmem:               636 kB
Slab:             137008 kB
SReclaimable:      40328 kB
SUnreclaim:        96680 kB
KernelStack:       12576 kB
PageTables:         3668 kB
NFS_Unstable:          0 kB
Bounce:                0 kB
WritebackTmp:          0 kB
CommitLimit:    96847252 kB
Committed_AS:     247212 kB
VmallocTotal:   34359738367 kB
VmallocUsed:           0 kB
VmallocChunk:          0 kB
AnonHugePages:         0 kB
ShmemHugePages:        0 kB
ShmemPmdMapped:        0 kB
HugePages_Total:       0
HugePages_Free:        0
HugePages_Rsvd:        0
HugePages_Surp:        0
Hugepagesize:       2048 kB
DirectMap4k:      180184 kB
DirectMap2M:     5849088 kB
DirectMap1G:    190840832 kB

ストレージ

NVMe インターフェースで認識されています。

$ sudo nvme list
Node             SN                   Model                                    Namespace Usage                      Format           FW Rev
---------------- -------------------- ---------------------------------------- --------- -------------------------- ---------------- --------
/dev/nvme0n1     vol02e1b12dffd0xxxxx Amazon Elastic Block Store               1           0.00   B /   8.59  GB    512   B +  0 B   1.0

ネットワーク

注目のネットワークです。バージョン2.0.2gのENAドライバがサポートされています。

$ ethtool -i eth0
driver: ena
version: 2.0.2g
firmware-version:
expansion-rom-version:
bus-info: 0000:00:05.0
supports-statistics: yes
supports-test: no
supports-eeprom-access: no
supports-register-dump: no
supports-priv-flags: no

ENA/拡張ネットワーキングがサポートされていますが、ネットワークスループットを最大限に発揮するには、プレイスメントグループの利用も含めて検討するのが良さそうです。

さいごに

新しいインスタンスタイプ、C5nの最大サイズである、c5n.18xlargeを起動してみました。ネットワーク帯域以外は基本的には従来のC5と同様のスペックのようです。HPCなど、高いネットワークIOを要求する環境では、C5からの変更を検討してはいかがでしょうか。