[Expoブース紹介]日本語対応できるブースまとめてみた#reinvent

2019.12.03

こんにちは!久しぶりの投稿です。

東山です。

2度目のre:Inventに参加しています!

数百ある現地EXPOブースから日本語対応ができるブースを紹介をします。

企業一覧

ブース風景

Accenture

総合コンサルティングファームで幅広いIT領域をカバーしている企業。

aptpod

産業IoTソリューションを提供している企業。

AppDynamics

アプリケーションパフォーマンスの管理ソリューションを提供している企業。

Datadog

アプリケーションまでカバーしたサーバ監視ツールを提供している企業。

Delphix Software

データ管理者とデータ利用者間の円滑で高速かつ安全なデータ活用を実現するプラットフォームを提供している企業。

 

F5 Networks

ネットワーク・アプライアンス製品を提供している企業。

JIG-SAW

様々な機器やセンサーをIoT化する組み込みエンジンを提供している企業。

Looker

ビックデータ探索のBIプラットフォームを提供する企業。

New Relic

ウェブアプリケーションやモバイルアプリケーションのリアルタイム監視ソリューションを提供する企業。

Palo Alto Networks

サイバー攻撃対策ソリューションを提供する企業。

Snowflake

クラウドベースのデータストレージおよび分析サービスを提供している企業。

Splunk Service

ビッグデータを検索、監視、および分析するためのソフトウェアを提供している企業。

Sumo Logic

ログ管理およびセキュリティ分析サービスを提供している企業。

Trend Micro

コンピュータ及びインターネット用のセキュリティ関連製品の開発・販売を行っている企業。

VMware

ITの仮想化市場において世界一のシェアを誇る企業。

 

まとめ

15社の会社が日本語対応可能みたいです!

日本語対応の社員さんはシフト上いない場合もあるようですが、日本語で説明して欲しいと伝えれば対応してくれました。

文法的にあってるかはわかりませんが、「someone speak Japanese?」とかで伝わりました。

aptpodとJIG-SAWはIoTのデモがあって体験型なので面白いと思います!ぜひ、足を運んでみてください。