[アップデート] Amazon S3の3つのストレージクラスで最大31%の値下げが発表されました #reinvent

こんにちは。サービスグループの武田です。みんな大好きAmazon S3で3つのストレージクラスの値下げが発表されました!
2021.12.01

こんにちは。サービスグループの武田です。

みんな大好きAmazon S3で値下げが発表されました。今回対象となるのは S3 Standard - 低頻度アクセスS3 1ゾーン - 低頻度アクセスS3 Glacier Flexible Retrieval です。

S3 Standard - 低頻度アクセスおよびS3 1ゾーン - 低頻度アクセス

次の9リージョンで、最大31%値下げされます。

  • 米国西部(北カリフォルニア)
  • アジアパシフィック(香港)
  • アジアパシフィック(ムンバイ)
  • アジアパシフィック(大阪)
  • アジアパシフィック(ソウル)
  • アジアパシフィック(シンガポール)
  • アジアパシフィック(シドニー)
  • アジアパシフィック(東京)
  • 南米(サンパウロ)

大阪および東京リージョンでは、S3 Standard - 低頻度アクセスが$0.019(per GB-Month)から$0.0138(per GB-Month)の27% off。S3 1ゾーン - 低頻度アクセスが$0.0152(per GB-Month)から$0.0110(per GB-Month)の27% offとなっています。

S3 Glacier Flexible Retrieval

S3 GlacierからS3 Glacier Flexible Retrievalへと名称が変更されました。こちらはすべてのリージョンで10%の値下げと無料の一括検索が提供されます。

大阪および東京リージョンでは、$0.005(per GB-Month)から$0.0045(per GB-Month)となります。

最後に

新しい料金は2021年12月01日から自動的に有効となります!AWSの継続的な値下げは利用者にとってとてもうれしいものですね。うまく活用してコストを抑えつつ運用していきましょう。

参考リンク