SnowflakeのNew Certification Portalへの移行作業をやってみた #SnowflakeDB

SnowflakeのNew Certification Portalへの移行作業をやってみた #SnowflakeDB

Clock Icon2022.11.15 00:44

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

さがらです。

Snowflake Certificationから「Action Needed - Set up your account on Snowflake’s New Certification Portal」という件名で、下記のようなメールが届いていました。

You are receiving this message because you previously had a Snowflake account in Pearson VUE or Kryterion.
Effective November 15th, 2022 Snowflake will be introducing a new candidate portal experience to the SnowPro Certification program. The new portal will be a one-stop shop for everything SnowPro related and will allow you to view and renew your certifications, access score reports and certificates for previously taken exams, and apply to take new exams.

※DeepL翻訳
このメッセージは、以前にピアソンVUEまたはクリテリオンでSnowflakeのアカウントをお持ちだったために表示されています。
2022年11月15日より、SnowflakeはSnowPro認定プログラムに新しい受験者ポータル体験を導入する予定です。この新しいポータルでは、SnowPro関連のすべてがワンストップで提供され、資格の閲覧や更新、過去に受験した試験のスコアレポートや証明書へのアクセス、新しい試験の受験申請などができるようになる予定です。

つまり、「これまでKryterionやPearsonVueでSnowflake認定試験の登録をしていた人は、新しいポータルに切り替えてね」ということのようです。

このメールには移行手順も書いてあったので、その手順に沿って私も移行してみました。 その内容を本記事でまとめてみます。

前提

私はPearsonVueで認定試験の管理をしていたため、「PearsonVue➟新しいポータル」への移行の手順となります。

PearsonVueの前がKryterionだったので、多くの方は現在PearsonVueで管理しているとは思いますが、この点だけご注意ください。

移行手順

届いたメールの手順に沿って、移行をしていきます。

まず、メールにSNOWIDが記載されていると思いますので、それをコピーします。

次に、メールにPlease navigate hereとありますが、hereをクリックしてリンク先を開きます。

SNOWIDかメールアドレスを入力する欄が出てきます。先程コピーしたSNOWIDを貼り付けて、Reset Passwordを押します。

Reset Passwordを押すとこのような画面になり、「Password Reset Notification」という件名でメールが届くはずです。

「Password Reset Notification」のメールの本文の、hereを押してパスワードを変更するためのリンクを開きます。

新しいパスワードを設定する画面が開きますので、新しいパスワードを入力し、Change Password and Loginを押します。

Terms and Conditionsのポップアップが出てきますので、問題なければI agreeを押します。

住所などの情報を入力する画面になるので、それぞれの情報を入力し、末尾のSave Changesを押します。

この後は、下図のように新しいポータルサイトのトップページが表示されるはずです。これで移行は完了です!

新しいポータルサイトを少し見てみる

せっかくなので、新しいポータルサイトがどんな感じか少し見てみます。

まずトップページですが、左側にメニューがあり、右側上部にはSnowProの認定試験でのStudy Guidesなどの参考資料、右側下部にはこれまでに取得した認定のバッジが表示されます。

画面左のAvailable Certificationsからは、申し込みできる試験の一覧が出てきます。 各認定のRequirementsの下に申し込みのリンクがあり、ここから申請できるようです。

画面左のMy Certificationsからは、これまでに取得した認定の一覧を確認でき、PDFで認定証をダウンロードすることも出来ます。

画面左のResultsからは、これまでに受験した認定試験の結果を見ることが出来ます。合格した結果は緑、不合格となった結果は赤で表示されるようです。(この赤ですが、最近ある試験を受けて不合格となってしまい…w)

他には、CredlyへのリンクやFAQなどもあります!

最後に

簡単ですが、SnowflakeのNew Certification Portalへの移行手順と、新しいポータルがどんな感じか、まとめてみました。

Snowflakeの認定資格を持っている人は、早めに移行しちゃいましょう!

この記事をシェアする

facebook logohatena logotwitter logo

© Classmethod, Inc. All rights reserved.