Stripe Billingによる定額支払い時の手数料と消費税を再確認する

Stripeでオンラインでの定額支払いを実現するStripe Billingを使ってみました。また、その際に発生する手数料や消費税の考え方について備忘録としてまとめてみました。

おひさしぶりです、あかりです。

今副業の新規事業でオンラインフィットネスサービスを始めようと思っていまして、月額定額支払いのオンライン決済をやってみたら、どのぐらいの手数料や税金が掛かり、実際にいくら振り込まれるのか確認してみたいと思います。

業務要件

サービス:オンラインフィットネス 価格:月額10,000円(税抜き)

今回利用したオンライン決済サービスのStripeです!

Stripeにログインして各種設定を行う

メニュー画面を確認しまして、「商品」を選択します。

オンラインフィットネスを商品として登録します。価格を10,000円、「継続」を選択して、期間を「月次」にします。

作成ボタンを押すと、一覧に商品が表示されました。続いて消費税を組み込むためにメニューから「税金」を作成します。日本を指定して消費税(外税)として10%を設定しました。

また、後ほどお試し支払いするための事前設定として、誰に請求するのか指定する「顧客」と、顧客内設定項目のデフォルトの支払い方法として「支払い方法(クレジットカード)」を作成しておいてください。

定額支払いをテスト実行してみる

「商品」と「税率」を作成しましたので、実際に支払いをするために、メニューから「支払い」を作成します。

「支払い」をするためには、事前に作成したいくつかの情報を指定します。誰に請求するか「顧客」の指定、料金体系として「商品(フィットネスクラブ)」を指定、税率として「消費税(10%)」を指定します。

全ての情報を入力し終わったら、「テストの定期支払いを開始」を押して実行しましょう!

少し待ってから、支払い履歴を見てみましょう! お、売上が立ちましたね!!「総売上高11,000円」、「入金10,604円」となっています!!

この2つの金額の差は何なのか詳しく見てみましょう。「手数料396円」とありますね。これが、Stripeの決済手数料となります。

Stripeの決済手数料は、3.6%となっています。

11,000円 x 3.6% = 396円

表示されている手数料と一致しますね。

ちなみに、クレジットカード決済手数料については、非課税としています。以下は、公式ドキュメントでの説明です。

Stripe Billingの手数料と消費税について

Stripeでは、定額支払いの機能を利用するときに、0.5%の手数料が掛かります。これは、実際に銀行口座に振り込まれるときに手数料が引かれます。

11,000円 x 0.5% = 55円

で、この手数料には、別途消費税が掛かります。

55円 x 10% = 5.5円 -> 四捨五入で6円となります。

ということで、最終的に銀行口座に振り込まれる金額は、10,543円です。

11,000円 - 396円 - 55円 - 6円 = 10,543円

納付すべき消費税は

無事にサービスがローンチされ、売上が入金されました。そこで、経理担当と会話をします。納付するべき消費税はいくらでしょうか。

まず、オンラインでお客様から頂いた消費税は、10,000円の10%となり、前向けした消費税の1,000円です。

前受け消費税 1,000円

次に、銀行口座に振り込まれるときに、Stripe Billingの手数料の、仮払いする消費税の6円です。

仮払い消費税 6円

これらの消費税をどのように納付するのかは、企業の規模や方針によって異なるかと思いますので、上記は一例ということでご紹介しました。

まとめ

お客様が毎月お支払いになる金額:11,000円(税込み)

決済代行手数料:396円(料率:3.6%、クレジットカード手数料は非課税)

定額課金手数料:61円(料率:0.5%、消費税6円込み)

口座に振り込まれる金額:10,543円

前受け消費税:1,000円

仮払い消費税:6円

最後に

Stripeのダッシュボードで、ボタンをポチポチするだけで、オンラインフィットネスを月次の定額支払い(サブスクリプション)でサービスインできそうですね!!手数料の種類やタイミング、消費税の課税/非課税など、実際のビジネスをしてみないと分からないこともあると思います。皆さんのお役に立てれば嬉しいです。ぜひ、実際にやってみてくださいー。

参考資料

Stripe Billing - 定期支払いと請求処理

Stripe Support - 消費税が適用される手数料について

キャッシュレス決済に係る決済手数料の消費税課否判断