Stripeのインボイスで、支払い期日を超えた場合の動作を試してみた

Stripeのインボイスで、支払い期日を超えた場合の動作を試してみた

Stripeのインボイスで、期日を超えた際の動作を確認してみました。
Clock Icon2023.06.16 08:48

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

Stripeでインボイスを作成するとき、支払い期日を設定します。 この期日を超えた場合の動作が気になったので、試してみました。

おすすめの方

  • Stripeのインボイスで支払い期日を超えた場合の動作を知りたい方

支払い期日が当日のインボイスを作成する

6/15の21時頃に「支払い期日が6/15のインボイス」をいくつか作成しました。

期日が当日のインボイスを作成した

支払い期日は3時間後となっています。日本時間のようですね。

支払期日が3時間後になっている

支払画面には、「本日期日」の表示がありました。

支払画面の様子

カスタマーポータルでは、未払いのインボイスが表示されています。

カスタマーポータルの様子

日付が変わるまで待って、いろいろな動作を確認する

6/16の0時過ぎに、開きっぱなしの支払い画面で支払いを実行してみる

期日を超えても支払いができました。

期日を超えても支払いができました

請求書や領収書は、支払期日が6/15で、支払日が6/16になっています。

請求書と領収書の様子

6/16の0時過ぎに、開きっぱなしの支払い画面をF5更新してみる

支払画面が表示されました。ただし、「期日経過」の表示があります。

支払画面の様子

6/16の0時過ぎに、支払いURLにアクセスしてみる

F5更新と同じ動作です。

支払画面の様子

6/16の0時過ぎに、Stripeダッシュボードでインボイスの状態を確認する

インボイスは「オープン」のままで、「期日経過」の表示があります。

インボイスはオープンのまま

インボイスはオープンのまま

イベントの様子を確認する

新しいインボイスのイベントはありません。つまり、期日経過した旨のイベントはありません。

インボイスに新しいイベントは無い

6/16の0時過ぎに、カスタマーポータルを確認する

カスタマーポータルでは、期日経過した未払いが表示されています。 インボイスの履歴にも期日経過したインボイスがあります。

カスタマーポータルの様子

それぞれにアクセスすると、インボイスの支払画面(期日経過)が表示されました。

Stripeのドキュメントを確認する

Stripeのドキュメントを確認すると、「期日を過ぎたら支払いできないよ」とは記載されていません。

期日を過ぎたときの「インボイスを無効にするのか?」「一定の猶予期間を設けるのか?」「リマインダーメールを送信するのか?」などの制御は、Stripeを使う我々で行う必要がある、ということですね。

Stripeでは、請求書の期日から「30 or 60 or 90日」が経過したとき、インボイスのステータスを「現状のまま or 回収不可にする」にするかの設定ができます。 (類似の設定項目も他にあります)

インボイスのステータス変更設定

  • https://dashboard.stripe.com/settings/billing/automatic

さいごに

インボイスの期日を超えた場合の動作を確認しました。期日はユーザに提示するものであり、期日を超えた際の扱いは、明示的に処理する必要があることが分かりました。 どなたかの参考になれば幸いです。

参考

この記事をシェアする

facebook logohatena logotwitter logo

© Classmethod, Inc. All rights reserved.